1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. ヨモギ(蓬)

ヨモギ(蓬)
≪学名:Artemisia indica var. maximowiczii≫

原産地、北アジアのキク科ヨモギ属ヨモギ(蓬)は、学名Artemisia indica var. maximowicziiです。英語ではmugwort、Japanese mugwortと表記し別名、モチグサ(餅草)、エモギ、サシモグサ、サセモグサ、サセモ、タレハグサ、モグサ、ヤキクサ、ヤイグサと呼ばれています。開花時期は8月~10月。花色は黄色。春の季節に開花します。

ヨモギ(蓬)の花言葉は?

決して離れない
幸福
平和
夫婦の愛情

誕生日花




詳細

学名
Artemisia indica var. maximowiczii
英語
mugwort、Japanese mugwort
科属名
キク科ヨモギ属
和名
別名
モチグサ(餅草)、エモギ、サシモグサ、サセモグサ、サセモ、タレハグサ、モグサ、ヤキクサ、ヤイグサ
原産地
北アジア
季節
春の季節
開花時期:8月~10月。花色:黄色。

ヨモギ(蓬、学名:Artemisia indica var. maximowiczii)は、キク科の多年草。 別名モチグサ(餅草)、エモギ、サシモグサ、サセモグサ、サセモ、タレハグサ、モグサ、ヤキクサ、ヤイグサ。 英語ではJapanese mugwortとも呼ばれるが英語のmugwortとは異なることがあるので注意が必要。 日本全国いたるところに自生し、地下茎はやや横に這い、集団を作る。茎は立ち上がり、やや木質化する。葉は大きく裂け、裏面には白い毛を密生する。夏から秋にかけ、茎を高く伸ばし、目立たない花を咲かせる。 セイタカアワダチソウと同様に地下茎などから他の植物の発芽を抑制する物質を分泌する。この現象をアレロパシー(他感作用、allelopathy)と言う。 利用 特有の香りがあり、春につんだ新芽を茹で、おひたしや汁物の具、また草餅(蓬餅)にして食べる。また、天ぷらにして食べることもできる。香りの主成分はシネオール、ツヨン、β-カリオフィレン、ボルネオール、カンファー、脂肪油のパルミチン酸、オレイン酸、リノール酸、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などである。



その他の植物

ゴデチア

アカバナ科サンジソウ属

キダチセイベゴニア(木立性ベゴニア)

シュウカイドウ科ベゴニア属

マーガレット

キク科キク属

カンパニュラ(風鈴草)

キキョウ科ホタルブクロ属

トウダイグサ(灯台草)

トウダイグサ科トウダイグサ属

オオキバナカタバミ(大黄花片喰)

カタバミ科カタバミ属

グァバ

フトモモ科 属名バンジロウ属

ヒマワリ(向日葵)

キク科ヘリアンサス属