1. トップ
  2. 花言葉
  3. 冬の季節
  4. シャコバサボテン(蝦蛄葉サボテン)

シャコバサボテン(蝦蛄葉サボテン)
≪学名:Schlumbergera truncata≫

原産地、ブラジルのサボテン科スクルンベルゲラ属シャコバサボテン(蝦蛄葉サボテン)は、学名Schlumbergera truncataです。英語ではHoliday Cactusと表記し別名、クリスマスカクタス、デンマークカクタスと呼ばれています。花色はピンク色、白色、赤色、オレンジ色など。開花時期は10月~1月。冬の季節に開花します。

シャコバサボテン(蝦蛄葉サボテン)の花言葉は?

美しい眺め
もつれやすい恋

誕生日花




詳細

学名
Schlumbergera truncata
英語
Holiday Cactus
科属名
サボテン科スクルンベルゲラ属
和名
蝦蛄葉サボテン
別名
クリスマスカクタス、デンマークカクタス
原産地
ブラジル
季節
冬の季節
花色:ピンク色、白色、赤色、オレンジ色など。開花時期:10月~1月。

シャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌)学名(Schlumbergera truncata (Haw.) Moran, 1953)とは、サボテン科シュルンベルゲラ属に属する森林性樹上着生生活をするサボテンの一種である。ブラジルリオデジャネイロ州のオルガン山脈などの高山を原産とするサボテンで、冬場(北半球ではクリスマスの時期)に開花することから「クリスマス・カクタス」と海外では呼ばれる。短日性植物で一日の日照時間が短くなってくると蕾を形成することが知られている。シャコバサボテンの種内交配園芸品種も昭和期には日本に多数存在していたが、現在はほとんどが失われてしまった。茎の節ごとに一対の突起が隆起しており、これがシャコの身体を彷彿とさせることからこの名が付いた。現在は、この原種を基にした雑種群に慣用的に「シャコバサボテン」と呼ぶことが多い。また、本種を使用して発展した現在主流の雑種群は、商品名として「デンマーク・カクタス」として普及している。 形態・生態 多肉質で縁にぎざぎざがある小判型の形状をした葉茎節がいくつも連なった形状をしており、幾又にも枝分かれする。



その他の植物

アイリス

アヤメ科アヤメ属

ホップ

アサ科カラハナソウ属

カノコソウ(鹿子草)

キンポウゲ科カラマツソウ属

トウダイグサ(灯台草)

トウダイグサ科トウダイグサ属

タマスダレ (玉簾)

ヒガンバナ科タマスダレ属

アズキ(小豆・荅)

マメ科ササゲ属

シャスターデージー

キク科フランスギク属