1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. クリ(栗)

クリ(栗)
≪学名:Castanea crenata≫

原産地、日本、中国のブナ科クリ属クリ(栗)は、学名Castanea crenataです。英語ではJapanese Chestnutと表記します。開花時期は5月~6月。花色は白色。雌雄異花。秋の季節に開花します。

クリ(栗)の花言葉は?

公平
豪華
満足
真心

誕生日花


詳細

学名
Castanea crenata
英語
Japanese Chestnut
科属名
ブナ科クリ属
和名
別名
-
原産地
日本、中国
季節
秋の季節
開花時期:5月~6月。花色:白色。雌雄異花。

クリ(栗、学名: Castanea crenata)とは、ブナ科クリ属の木の一種。 クリのうち、各栽培品種の原種で山野に自生するものは、シバグリ(柴栗)またはヤマグリ(山栗)と呼ばれる、栽培品種はシバグリに比べて果実が大粒である。また、シバグリもごく一部では栽培される。 形態・生態 落葉性高木で、高さ17m、幹の直径は80cm、あるいはそれ以上になる。樹皮は灰色で厚く、縦に深い裂け目を生じる。 葉は長楕円形か長楕円状披針形、やや薄くてぱりぱりしている。表はつやがあり、裏はやや色が薄い。周囲には鋭く突き出した小さな鋸歯が並ぶ。 雌雄異花で、いずれも5月から6月に開花する。雄花は穂状で斜めに立ち上がり、全体にクリーム色を帯びた白で、個々の花は小さいものの目を引く。また、香りが強い。非常によく昆虫が集まる。ブナ科植物は風媒花で花が地味のものが多いが、クリやシイは虫媒花となっている。なお、この花の香りは芳香成分としてスペルミンを含むため、ヒトの精液の臭いに似た独特の香りを放つ。一般に雌花は3個の子房を含み、受精した子房のみが肥大して果実となり、不受精のものはしいなとなる。



その他の植物

ソリダスター

キク科属間交配種

ザクロ(柘榴)

ザクロ科ザクロ属

〔白色〕ペチュニア

ナス科ペチュニア属

チョコレートコスモス

キク科コスモス属

セリ(芹)

セリ科セリ属

タケ(竹)

イネ科

オドントグロッサム

ラン科オドントグロッサム属

ムラサキツメクサ(紫詰草)

マメ科シャジクソウ属