1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. アケビ(木通、通草)

アケビ(木通、通草)
≪学名:Akebia quinata≫

原産地、日本、中国、韓国のアケビ科アケビ属アケビ(木通、通草)は、学名Akebia quinataです。英語ではchocolate vine、five-leaf Akebiaと表記し別名、あくび、あけぶ、もちあけび、紫あけびと呼ばれています。開花時期は4月~5月。花色は淡紫色。秋の季節に開花します。

アケビ(木通、通草)の花言葉は?

才能
唯一の恋

誕生日花


詳細

学名
Akebia quinata
英語
chocolate vine、five-leaf Akebia
科属名
アケビ科アケビ属
和名
木通、通草
別名
あくび、あけぶ、もちあけび、紫あけび
原産地
日本、中国、韓国
季節
秋の季節
開花時期:4月~5月。花色:淡紫色。

アケビ(木通、通草)は、アケビ科の蔓性落葉低木の一種(学名: Akebia quinata)、あるいはアケビ属(学名: Akebia)に属する植物の総称である。 形態・生態 茎は蔓になって他物に巻き付き、古くなると木質化する。 葉は5つの楕円形の小葉が掌状につく複葉で、互生する。 花は4 - 5月に咲き、木は雌雄同株であるが雌雄異花で淡紫色。花被は3枚で、雄花の中央部には6本の雄しべがミカンの房状に、雌花の中央部にはバナナの果実のような6 – 9本の雌しべが放射状につく。雌花の柱頭(先端部)には、甘みを持った粘着性の液体が付いており、花粉がここに付着することで受粉が成立する。雌雄異花で蜜も出さないので、受粉生態にはよくわかっていない点が多いが、雌花が雄花に擬態して、雄花の花粉を目当てに飛来する小型のハナバチ類を騙して受粉を成功させているのではないか、とする仮説がある。ハエ類が甘みを持った粘着質を舐めに来る際に受粉していると考えられる。 受粉に成功した個々の雌しべは、成長して果実となり、10cm前後まで成長する。



その他の植物

パイナップルリリー

ユリ科ユーコミス属

サルスベリ

ミソハギ科サルスベリ属

トベラ(扉・海桐)

トベラ科トベラ属

〔赤色〕アンスリウム

サトイモ科アンスリウム属

アシ/ヨシ

イネ科ヨシ属

マツヨイグサ(待宵草)

アカバナ科マツヨイグサ属

ポリガラ

ヒメハギ科ヒメハギ属

ウツボグサ(靫草)

シソ科ウツボグサ属