1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. キンセンカ(金盞花)

キンセンカ(金盞花)
≪学名:Calendula officinalis≫

原産地、南ヨーロッパのキク科カレンデュラ属キンセンカ(金盞花)は、学名Calendula officinalisです。英語ではPot marigoldと表記し別名、カレンデュラ、ポットマリーゴールド と呼ばれています。開花時期は通年。花色は黄色やオレンジ色。春の季節に開花します。

キンセンカ(金盞花)の花言葉は?

失望
別れの悲しみ悲嘆
別離の悲しみ
さびしさに耐える

誕生日花



詳細

学名
Calendula officinalis
英語
Pot marigold
科属名
キク科カレンデュラ属
和名
金盞花
別名
カレンデュラ、ポットマリーゴールド
原産地
南ヨーロッパ
季節
春の季節
開花時期:通年。花色:黄色やオレンジ色。

キンセンカ(金盞花、学名:Calendula officinalis)は、キク科の植物。別名はカレンデュラ、ポットマリーゴールド。 原産地は地中海沿岸。北アメリカ、中央アメリカ、南ヨーロッパなどで栽培されている。春咲き一年草として扱うが宿根草タイプは冬を越すので「冬知らず」の名で市場に出回る。 葉は長さ5〜18センチメートルの単葉、しばしば荒い毛が生えている。花径10cmほどでオレンジ色や黄色の花を咲かせる。花容は一重、八重、また中心に黒のスポットのあるものと多彩。 日本では観賞用として花壇などに植えられるが、ヨーロッパでは原種はハーブの1つに数えられ、エディブル・フラワー(食用花)である。キンセンカの軟膏は火傷からにきびまで幅広い皮膚のトラブルの治療薬になると考えられている。 「貧乏人のサフラン」、「エジプトサフラン」と呼ばれるように、花弁がサフランの代用品として利用されることが多い。 チョウ目の幼虫(ヨトウガ、キシタバ、ヤガのような)の餌として用いられる。 キンセンカが作られたことを示すといわれる神話は、クリュティエーとヘーリオスの物語であるが、通常この物語はヒマワリかヘリオトロープを指すとされる事が多い。



その他の植物

オクラ(秋葵)

アオイ科トロロアオイ属

〔赤色〕ブバルディア

アカネ科ブバルディア属

ヒャクニチソウ(百日草)

キク科ヒャクニチソウ属

レンギョウ(連翹)

モクセイ科レンギョウ属

アキノノゲシ(秋の野芥子)

キク科アキノノゲシ属

ヤツシロソウ (八代草)

キキョウ科ホタルブクロ属

ヌルデ(白膠木)

ウルシ科ヌルデ属

イキシア

アヤメ科イキシア属