1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. オシロイバナ(白粉花)

オシロイバナ(白粉花)
≪学名:Mirabilis jalapa≫

原産地、南アフリカのオシロイバナ科オシロイバナ属オシロイバナ(白粉花)は、学名Mirabilis jalapaです。英語ではFour o'clockと表記し別名、ユウゲショウ(夕化粧)、ミラビリス、フォー・オクロックと呼ばれています。開花時期は8月~10月。花色は赤紫色、白色、黄色。夏の季節に開花します。

オシロイバナ(白粉花)の花言葉は?

あなたを思う
臆病な愛

誕生日花




詳細

学名
Mirabilis jalapa
英語
Four o'clock
科属名
オシロイバナ科オシロイバナ属
和名
白粉花
別名
ユウゲショウ(夕化粧)、ミラビリス、フォー・オクロック
原産地
南アフリカ
季節
夏の季節
開花時期:8月~10月。花色:赤紫色、白色、黄色。

オシロイバナ(白粉花、白粧花、学名:Mirabilis jalapa)とはオシロイバナ科の多年草または一年草である。花が美しいので観賞用に栽培されるほか、広く野生化もしている。南アメリカ原産で江戸時代始め頃に渡来し、一部は帰化している。 茎はよく枝分かれして灌木状となるが節がはっきりしていて、木質化はしない。全体にみずみずしい緑。花は赤、黄色、白や絞り模様(同じ株で複数の色のものもある)などで、内、白と黄の絞りは少ない。花は夕方開き、芳香がある。このため和名としてはユウゲショウ(夕化粧)とも呼ばれるが、この名はアカバナ科のものにも使われているので注意を要する。英語ではFour o'clock、中国語では洗澡花(風呂に入る時間から)、煮飯花(夕飯の時間から)などと呼ばれる。夜間に開き花筒が長いので口吻の長い大型の夜行性鱗翅目でなければ吸蜜は困難である。日本のオシロイバナでは主にスズメガが吸蜜し、送粉に関わっている。オシロイバナは網状脈である。 花弁はなく、花弁に見えるのはがくで基部は緑色でふくらんでいる。



その他の植物

ニチニチソウ (日々草)

キョウチクトウ科ニチニチソウ属

ミセバヤ(見せばや)

ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属

スギ(杉)

ヒノキ科スギ亜科スギ属

ナツメ(棗・夏芽)

クロウメモドキ科ナツメ属

〔白色〕アンスリウム

サトイモ科アンスリウム属

カシワ(柏、槲)

ブナ科コナラ属

シレネ

ナデシコ科シレネ属