1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. ゴボウ(牛蒡・牛旁)

ゴボウ(牛蒡・牛旁)
≪学名:Arctium lappa≫

原産地、ユーラシア大陸のキク科ゴボウ属ゴボウ(牛蒡・牛旁)は、学名Arctium lappaです。英語ではedible burdock、greater burdock、beggar's buttonsと表記し別名、悪実(アクジツ) 牛蒡子(ゴボウシ) 鼠粘子(ソネンシ)と呼ばれています。花色は紫色、白色。開花時期は6月~7月。秋の季節に開花します。

ゴボウ(牛蒡・牛旁)の花言葉は?

いじめないで

誕生日花




詳細

学名
Arctium lappa
英語
edible burdock、greater burdock、beggar's buttons
科属名
キク科ゴボウ属
和名
牛蒡、牛旁
別名
悪実(アクジツ) 牛蒡子(ゴボウシ) 鼠粘子(ソネンシ)
原産地
ユーラシア大陸
季節
秋の季節
花色:紫色、白色。開花時期:6月~7月。

ゴボウ(牛蒡または牛旁、悪実、英: Burdock、学名: Arctium lappa L. )は、キク科の多年草。ユーラシア大陸原産。 日本で自生はしていないが、縄文時代の遺跡からは植物遺存体として確認されており、縄文時代か平安時代に日本に伝わったともいわれる。主に食すようになったのは江戸時代から明治にかけてであり、根や葉を食用とする。茎の高さは1mほど、主根の長さは品種にもよるが50cm〜1mほどある。花期は6〜7月。紫色のアザミに似た総苞にトゲのある花を咲かせる。 大別すると長根種と短根種がある。栽培の主流となっているのは長根種の「滝野川ごぼう」とその改良種であり、収穫時には直径3センチ、長さは1メートル前後となる。一般に関東は長根種が多く、関西では短根種が多い。ゴボウは連作を嫌うため、同じ畑では2-3年後でないと作れない。 利用 食用 日本では根を食用としてきんぴらや天ぷらのかき揚げなどに使われるほか煮物に用い、近年では細切りにした根を湯がいてサラダにもする。



その他の植物

マンサク(満作)

マンサク科マンサク属

ゼラニウム

フウロソウ科テンジクアオイ属

〔ピンク色〕ラークスパー

キンポウゲ科ヒエンソウ属

アマリリス

ヒガンバナ科ヒッペアストルム属

フシグロセンノウ(節黒仙翁)

ナデシコ科センノウ属

ミニパイン

パイナップル科アナナス属

〔紫色〕チューリップ

ユリ科チューリップ属

セツブンソウ(節分草)

キンポウゲ科セツブンソウ属