1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. サルスベリ

サルスベリ
≪学名:Lagerstroemia indica≫

原産地、中国南部のミソハギ科サルスベリ属サルスベリは、学名Lagerstroemia indicaです。英語ではCrape-myrtleと表記し別名、ヒメシャラ、リョウブ、サルナメリと呼ばれています。開花時期は7月~9月。花色はピンク色、薄ピンク色、白色、赤色、赤紫色。夏の季節に開花します。

サルスベリの花言葉は?

雄弁
愛嬌

誕生日花




詳細

学名
Lagerstroemia indica
英語
Crape-myrtle
科属名
ミソハギ科サルスベリ属
和名
百日紅(ヒャクジツコウ)
別名
ヒメシャラ、リョウブ、サルナメリ
原産地
中国南部
季節
夏の季節
開花時期:7月~9月。花色:ピンク色、薄ピンク色、白色、赤色、赤紫色。

サルスベリ(百日紅=ヒャクジツコウ、Lagerstroemia indica)は、ミソハギ科の落葉中高木。 形態・生態 葉は通常2対互生(コクサギ型葉序)、対生になることもある。 花は紅の濃淡色または白色で、円錐花序になり、がくは筒状で6裂、花弁は6枚で縮れている。8月頃咲く。 果実は円いさく果で、種子には翼がある。 分布・生育地 中国南部原産。 人間との関わり 花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくならないため、しばしば好んで庭や公園などに植えられる。種子から栽培する「あすか」という一才物の矮性種もある。 和名は、幹の肥大成長に伴って古い樹皮のコルク層が剥がれ落ち、新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れて更新していくことによる(樹皮の更新様式や感触の似たナツツバキやリョウブをサルスベリと呼ぶ地方もある)。



その他の植物

シャガ(射干・著莪)

アヤメ科アヤメ属

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)

アカバナ科マツヨイグサ属

トリカブト(鳥兜)

キンポウゲ科トリカブト属

〔赤色〕フリージア

アヤメ科フリージア属

ハナショウブ(花菖蒲)

アヤメ科ヤメ属

バッカリス

キク科バッカリス属

スノードロップ

ヒガンバナ科ガランツス属