1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. センブリ(千振)

センブリ(千振)
≪学名:Swertia japonica ≫

原産地、日本、朝鮮半島、中国のリンドウ科センブリ属センブリ(千振)は、学名Swertia japonica です。英語ではSwertia Herbと表記し別名、当薬(とうやく)と呼ばれています。花色は白色、紫色など。開花時期は9月~11月。夏の季節に開花します。

センブリ(千振)の花言葉は?

義侠(弱い者を助けること)の愛

誕生日花




詳細

学名
Swertia japonica
英語
Swertia Herb
科属名
リンドウ科センブリ属
和名
センブリ(千振)
別名
当薬(とうやく)
原産地
日本、朝鮮半島、中国
季節
夏の季節
花色:白色、紫色など。開花時期:9月~11月。

センブリ(千振、学名:Swertia japonica (Schult.) Makino)は、リンドウ科センブリ属の二年草。薬草として利用され、生薬名及び別名は当薬(とうやく)という。 分布 中国、朝鮮半島、日本に分布する。 日本では、北海道西南部、本州、四国、九州にかけて広く分布し、日当たりの良く、やや湿り気のある山野の草地に生育する。田中澄江は『花の百名山』の著書で、高鈴山を代表する花として紹介し、『新・花の百名山』の著書で熊野路を代表する花として紹介した。 草丈は普通5-30 cm。茎は薄紫色を帯び、太さは1-2 mmで断面は四角く、直立し根元から数本に分かれて生える。1-3 cmほどの細長い線形の葉が対生する。発芽した芽がロゼット状の根生葉となりそのまま越冬し、翌年の8-11月に多数の花を咲かせる。白い花冠は深く5裂し、縦に紫色の線があり、基部に蜜腺溝がある。蜜腺の周囲には細い毛が生える。5枚の萼片は、線形で尖り、長さは5-11 mm。朔果は花冠よし少し長く、種子はやや円い。根は黄色を帯びる。花、葉、茎、根はすべて苦い。



その他の植物

スイセンノウ(酔仙翁)

ナデシコ科センノウ属

シコンノボタン(紫紺野牡丹)

ノボタン科ティボウキナ属

ヤマホタルブクロ(山蛍袋)

キキョウ科ホタルブクロ属

ブリオニア

ウリ科ブリオニア属

スノーフレーク

ヒガンバナ科スノーフレーク属

マルバヤナギ(丸葉柳)

ヤナギ科ヤナギ属

キンミズヒキ(金水引)

バラ科キンミズヒキ属

エニシダ(金雀枝)

マメ科エニシダ属