1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. アワ(粟)

アワ(粟)
≪学名:Setaria italica≫

原産地、東アジアのイネ科エノコグサ属アワ(粟)は、学名Setaria italicaです。英語ではfoxtail millet、bengal grassと表記します。昔の七草。多年草。開花時期は7月~9月。花色は緑色。秋の季節に開花します。

アワ(粟)の花言葉は?

利益

誕生日花




詳細

学名
Setaria italica
英語
foxtail millet、bengal grass
科属名
イネ科エノコグサ属
和名
別名
-
原産地
東アジア
季節
秋の季節
昔の七草。多年草。開花時期:7月~9月。花色:緑色。

アワ(粟、学名、Setaria italica)は、イネ科エノコログサ属の多年草。雑穀類。五穀の一つに数えられる。 東アジア原産で、高さは1 - 2メートル。エノコログサを原種とするといわれ、エノコログサとの交雑もよくおこる。穂は黄色に熟し、たれさがる。温暖で乾燥した風土を好み、生育期間が3 - 5ヶ月と短いために、高地や高緯度地域でも栽培することができる。C4植物でもある。 種類 粒の質から粳アワ(うるちアワ)と糯アワ(もちアワ)、収穫の時期から夏アワ、秋アワなどの品種に分けられる。 利用 中国 中国の華北・中原において、黄河文明以来の主食は専らアワ(粟米、谷子)であり、「米」という漢字も本来はアワを示す文字であったといわれている。また、隋唐で採用された税制である租庸調においても、穀物を納付する「租」はアワで納付されるのが原則(本色)であった。 これに対して、華南では稲米は周の時代から栽培が盛んになった。 青海省民和回族トゥ族自治県の喇家遺跡では、およそ4000年前のアワで作った麺が見つかっており、現在、世界最古の麺といわれている。



その他の植物

シャガ(射干・著莪)

アヤメ科アヤメ属

ハシバミ(榛)

カバノキ科ハシバミ属

ミソハギ (禊萩)

ミソハギ科ミソハギ属

チグリジア

アヤメ科チグリジア属

ケイトウ (鶏頭)

ヒユ科ケイトウ属

キク(菊)

キク科キク属

バッカリス

キク科バッカリス属

アマドコロ(甘野老)

クサスギカズラ科アマドコロ属