1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. シュウカイドウ(秋海棠)

シュウカイドウ(秋海棠)
≪学名:Begonia grandis≫

原産地、中国のシュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)シュウカイドウ(秋海棠)は、学名Begonia grandisです。英語ではhardy begoniaと表記します。開花時期は8月~10月。花色はピンク色。秋の季節に開花します。

シュウカイドウ(秋海棠)の花言葉は?

片思い
恋の悩み

誕生日花




詳細

学名
Begonia grandis
英語
hardy begonia
科属名
シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)
和名
ヨウラクソウ(瓔珞草)
別名
-
原産地
中国
季節
秋の季節
開花時期:8月~10月。花色:ピンク色。

『』より : シュウカイドウ(秋海棠、学名:Begonia grandis)は、シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)に分類される多年生草本球根植物である。和名は中国名「秋海棠」の音読み。ヨウラクソウ(瓔珞草)とも呼ばれる。 分布 中国大陸(山東省以南)、マレー半島に分布する。 日本では江戸時代初期に園芸用に持ち込まれた帰化植物(#園芸を参照)である。 夏から初秋にかけて草丈 70cm 前後に生長し、扁心形で左右非対称の葉を互生させる。この葉は長さが 20cm 程度と大きい。葉にはシュウ酸が含まれる。 花期は 8〜10月。花期になると茎の頂点から花序を伸ばし、2〜3cm 程度の淡紅色の花を咲かせる。雌雄同株異花で、雄花は花弁が開き黄色く球状に集まった雄蘂が目立ち、小さな花弁が 2枚と、大きな花弁のように見えるのは萼で 2枚。雌花には花弁はなく、大きな萼 2枚がわずかに開く。 花が終わると、こげ茶色がかり羽が 3枚ある楕円形の実を付ける。この種子のほか、開花後には葉腋に珠芽を付け、それでも殖える。 実を付ける頃には地上部は枯れ、球根で越冬する。



その他の植物

パイナップルリリー

ユリ科ユーコミス属

ベロニカ

オオバコ科ベロニカ属

リューココリネ

ヒガンバナ科 リューココリネ属

ハクサンチドリ(白山千鳥)

ラン科ハクサンチドリ属

ノボタン(野牡丹)

ノボタン科ティボウキナ属

オーデコロンミント

シソ科ハッカ属

シモツケ (下野)

バラ科シモツケ属