1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. キバナコスモス(黄花秋桜)

キバナコスモス(黄花秋桜)
≪学名:Cosmos sulphureus ≫

原産地、メキシコ のキク科コスモス属 キバナコスモス(黄花秋桜)は、学名Cosmos sulphureus です。英語ではyellow cosmosと表記し別名、キバナアキザクラ(黄花秋桜)、イエローコスモスと呼ばれています。花色は黄色、オレンジ色。開花時期は6~11月。秋の季節に開花します。

キバナコスモス(黄花秋桜)の花言葉は?

野生美

誕生日花


詳細

学名
Cosmos sulphureus
英語
yellow cosmos
科属名
キク科コスモス属
和名
-
別名
キバナアキザクラ(黄花秋桜)、イエローコスモス
原産地
メキシコ
季節
秋の季節
花色:黄色、オレンジ色。開花時期:6~11月。

『コスモス』:キバナコスモス(黄花コスモス、学名:Cosmos sulphureus)は、キク科コスモス属の多年草または一年草。コスモスの名を冠するが、オオハルシャギクとは同属別種にあたり互いを交配する事は出来ない。 現在では日本で広く園芸品種のひとつとして栽培されているが、一部は逸出して野生化している。 原産地はメキシコで、標高1600m以下の地域に自生する。18世紀末にスペイン・マドリードの植物園に送られ、ヨーロッパに渡来した。日本には大正時代の初めに輸入された記録が残っている。 高さは約30〜100cm。概ね60cm程度に成長するが、鉢植えやプランター向けの20cm程度に留まる矮性種も出回っている。オオハルシャギクと比べて葉が幅広く、切れ込みが深い。また夏場の暑さに強いため、オオハルシャギクよりも早い時期に花を咲かせる傾向にある。またオオハルシャギクよりも繁殖力が旺盛である為、こぼれ種で栽培していると数年後にはオオハルシャギクを席巻してしまう。 花期は比較的長く、6月から11月にかけて直径3〜5cm程度の黄色、またはオレンジの花を咲かせる。



その他の植物

ホワイトレースフラワー

セリ科ドクゼリモドキ属

コバンソウ(小判草)

イネ科コバンソウ属

ラミウム

シソ科オドリコソウ属

ユズリハ(楪・譲葉・交譲木)

ユズリハ科ユズリハ属

ヒスイカズラ(翡翠葛)

マメ科ヒスイカズラ属

カエデ(槭・槭樹・楓)

カエデ科カエデ属

ルリミゾカクシ(瑠璃溝隠)

キキョウ科ミゾカクシ属

サンダーソニア

イヌサフラン科サンダーソニア属