1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ハクチョウゲ(白丁花)

ハクチョウゲ(白丁花)
≪学名:Serissa japonica≫

原産地、中国のアカネ科ハクチョウゲ属ハクチョウゲ(白丁花)は、学名Serissa japonicaです。英語ではTree of a thousand starsと表記し別名、白丁花、白鳥花と呼ばれています。開花時期は5月~7月頃。花色は白色、ピンク色。夏の季節に開花します。

ハクチョウゲ(白丁花)の花言葉は?

純愛

誕生日花




詳細

学名
Serissa japonica
英語
Tree of a thousand stars
科属名
アカネ科ハクチョウゲ属
和名
白丁花
別名
白丁花、白鳥花
原産地
中国
季節
夏の季節
開花時期:5月~7月頃。花色:白色、ピンク色。

ハクチョウゲ(白丁花、学名: Serissa japonica (Thunb.) Thunb.,1798) (Synonym :Serissa foetida (L. f.) Poir. ex Lam.,1781)とは、アカネ科ハクチョウゲ属の植物の一種。 ハクチョウゲという和名の由来は、その花が丁字型の白い花を付けるところから来ていて、白鳥とは関係がなく、単なる当て字である。 形態・生態 花期は5 - 7月頃であるが、西日本の暖地では秋の気候の良い時期にも開花することがある。 緑葉の基本種で薄い藤色の一重花、緑葉で純白色の一重花、一般的な覆輪斑入りの物も、白花と藤色花の個体が散見される。また、白花個体の中から選抜されたポンポン咲きもあり、この品種はカスミソウのように沢山花をつける。英国では 'Flore Pleno'、'Kyoto'、'Mount Fuji'、'Variegata'、'Variegata Pink' などといった園芸品種名の付けられた選抜個体がある。



その他の植物

ホトトギス(杜鵑草)

ユリ科ホトトギス属

キダチセイベゴニア(木立性ベゴニア)

シュウカイドウ科ベゴニア属

トロロアオイ(黄蜀葵)

アオイ科トロロアオイ属

オミナエシ (女郎花)

オミナエシ科オミナエシ属

〔赤色〕カーネーション

ナデシコ科ナデシコ属

マスデバリア

ラン科マスデバリア属

シソ(紫蘇)

シソ科シソ属

ラケナリア

ユリ科ラケナリア(ラシュナリア)属