ジニア
≪学名:Zinnia elegans≫

原産地、メキシコのキク科ジニア属ジニアは、学名Zinnia elegansです。英語ではCommon zinniaと表記し別名、長久草(チョウキュウソウ)、欧米:Youth and old age(若者と老人)と呼ばれています。開花時期は5月~11月。花色は赤色、ピンク色、オレンジ色、黄色、白色、緑色。夏の季節に開花します。

ジニアの花言葉は?

別れた友への想い

誕生日花




詳細

学名
Zinnia elegans
英語
Common zinnia
科属名
キク科ジニア属
和名
百日草
別名
長久草(チョウキュウソウ)、欧米:Youth and old age(若者と老人)
原産地
メキシコ
季節
夏の季節
開花時期:5月~11月。花色:赤色、ピンク色、オレンジ色、黄色、白色、緑色。

ヒャクニチソウ属(ヒャクニチソウぞく、学名:Zinnia)は、キク科の属。学名よりジニアとも呼ばれる。 分布の中心はメキシコ。1769年にスペインのマドリードのマドリード植物園にもたらされたのがヨーロッパでの最初の紹介であった。この時には淡紫の一重咲きの花がついた。その後1829年に赤が、1832年に白が開花した。八重咲きはフランスで作り出された。一代交配種が作られたのは1963年にアメリカで作られた品種「ファイアー・クラッカー」が最初。 属の学名はドイツ・ゲッティンゲン大学の植物学教授だったヨハン・ゴットフリート・ツィン(Johann Gottfried Xinn、1727 - 1759)に因んだものである。同属植物は20種近くあり、一年草・多年草と亜灌木のものがあるが、日本で作られているものは総て一年草である 性質 草丈はヒャクニチソウでは60cmから1mくらいになるが、ホソバヒャクニチソウでは30cm足らずである。



その他の植物

フウロソウ(風露草)

フウロソウ科フウロソウ属

ナスタチウム

ノウゼンハレン科ノウゼンハレン属

ハルニレ

ニレ科ニレ属

ユズリハ(楪・譲葉・交譲木)

ユズリハ科ユズリハ属

イヌタデ(犬蓼)

タデ科イヌタデ属

ウインターコスモス

キク科センダングサ属

キンミズヒキ(金水引)

バラ科キンミズヒキ属

バラ(薔薇)

バラ科バラ属