ホップ
≪学名:Humulus lupulus≫

原産地、カフカス付近(黒海とカスピ海に挟まれた地域)のアサ科カラハナソウ属ホップは、学名Humulus lupulusです。英語ではhopと表記します。開花時期は6月~7月。花色は緑色。秋の季節に開花します。

ホップの花言葉は?

希望
信じる心
天真爛漫(明るく純真で無邪気)
不公平

誕生日花




詳細

学名
Humulus lupulus
英語
hop
科属名
アサ科カラハナソウ属
和名
セイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)
別名
-
原産地
カフカス付近(黒海とカスピ海に挟まれた地域)
季節
秋の季節
開花時期:6月~7月。花色:緑色。

ホップ(勿布、学名:Humulus lupulus)はアサ科のつる性多年草。雌雄異株。和名はセイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)。 毬花はビールの原料の一つで、苦味、香り、泡に重要であり、また雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがある。 全国の山地に自生する非常によく似た植物にカラハナソウ(H. lupulus var. cordifolius)があり、しばしばホップと混同される。これはホップの変種であり、ホップに比べて苦み成分が少ないのが特徴である。本来のホップは、日本国内では北海道の一部にのみ自生する。 植物の特徴 雌雄異株の蔓性(ツル性)植物。ツルの高さは7から12メートルになる。また多年生植物であるため、一度植えられるとその根株は10~30年引き抜かれずに使用される。雌株には「毬花」と呼ばれる松かさに似た花のようなもの(本当の花ではない)をつけ、この毬花がビールの苦みなどの原料になる。また、有効な成分も含んでいるため、ホップ畑では、雄株は限られてしか栽培されない。 日本では未受精の毬花が用いられるが、地域によっては受精した毬花もビール醸造に用いられる。



その他の植物

ブロワリア

ナス科ブロワリア属

パンパスグラス

イネ科コルタデリア属

コキンバイザサ(小金梅笹)

キンバイザサ科コキンバイザサ属

チョウジ(丁字)

フトモモ科フトモモ属

オケラ(朮)

キク科オケラ属

フシグロセンノウ(節黒仙翁)

ナデシコ科センノウ属

ノジギク(野路菊)

キク科キク属

ヒエ(稗)

イネ科ヒエ属