1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. イロハモミジ

イロハモミジ
≪学名:Acer palmatum≫

原産地、東アジアのカエデ科カエデ属イロハモミジは、学名Acer palmatumです。英語ではJapanese mapleと表記し別名、イロハカエデ(いろは楓)と呼ばれています。開花時期は4月~5月。花色は暗い紫色。秋の季節に開花します。

イロハモミジの花言葉は?

調和
大切な思い出
遠慮
自制
謹慎
隠退
保存

誕生日花


詳細

学名
Acer palmatum
英語
Japanese maple
科属名
カエデ科カエデ属
和名
イロハモミジ(いろは紅葉)、タカオカエデ(高雄楓)、コハモミジ(小葉紅葉)
別名
イロハカエデ(いろは楓)
原産地
東アジア
季節
秋の季節
開花時期:4月~5月。花色:暗い紫色。

『カエデ』:イロハモミジ(いろは紅葉、学名 Acer palmatum)は、ムクロジ科カエデ属の落葉高木である。イロハカエデ(いろは楓)などとも呼ばれる。 日本では最もよく見られるカエデ属の種で、紅葉の代表種。本種より作られた園芸種も多い(#変種・園芸種を参照)。 分布 東アジア(日本、朝鮮半島、中国、台湾)に自生する。 日本では、本州以南の平地から標高 1000m 程度にかけての低山で多く見られる。 樹高 15m、幹の直径は 80cm 以上に達する。雌雄同株。 葉は長さ 3.5~6cm、幅 3~7cm で、掌状に深く 5~9裂する。和名は、この裂片を「いろはにほへと……」と数えたことに由来する。裂片の縁には鋭く不揃いの重鋸歯があり、裂片の先は長く尾状に伸びる。秋(10~12月)には黄褐色から紅色に紅葉して散る。 葉はオオモミジやヤマモミジなどに似るが、本種の葉は一回り小さく、鋸葉が粗く不揃いなところで区別される。 花期は春(4~5月)。花は直径 5~6mm。暗紫色で 5個の萼片と、黄緑色もしくは紫色を帯びる萼片より小さい 5個の花弁をもつ。



その他の植物

〔ピンク色〕カスミソウ(霞草)

ナデシコ科カスミソウ属

カラスウリ(烏瓜)

ウリ科カラスウリ属

ナスタチウム

ノウゼンハレン科ノウゼンハレン属

ゼラニウム

フウロソウ科テンジクアオイ属

メキシコヒマワリ

キク科ニトベギク属

ダイヤモンドリリー

ヒガンバナ科ネリネ属

イチジク(無花果・映日果)

クワ科イチジク属