コリウス
≪学名:Coleus blumei≫

原産地、東南アジアのシソ科コリウス属コリウスは、学名Coleus blumeiです。英語ではColeusと表記します。開花時期は6月~10月。花色は紫色。秋の季節に開花します。

コリウスの花言葉は?

善良な家風
恋の望み

誕生日花




詳細

学名
Coleus blumei
英語
Coleus
科属名
シソ科コリウス属
和名
金襴紫蘇(きんらんじそ)、錦紫蘇(にしきじそ)
別名
-
原産地
東南アジア
季節
秋の季節
開花時期:6月~10月。花色:紫色。

コリウス(Coleus)とは、シソ科コリウス属(シノニム:ソレノステモン属(Solenostemon Thonn.))の植物の総称。和名は金襴紫蘇(きんらんじそ)、錦紫蘇(にしきじそ)。熱帯アフリカ、熱帯アジア、オーストラリア、東インド諸島、フィリピンに分布する。園芸品種として種間雑種も作出されている。 草丈30cmくらい。葉は平滑なもの、深い切れ込みの入ったものや縮れのあるものなどがあり、葉の色はえんじ色・オレンジ・明るい黄色・サーモンピンクなど、レインボー系と呼ばれる、それらの色に緑の縁取りのついたものがポピュラーである。観葉植物として鉢物にするが、花壇に植えることもできる。通常は、春に種子を播いて殖やすが、さし芽もできる。 温帯では一年草として扱うが、原産地では宿根草である。このため冬に暖かい室内などに入れておけば越冬できる。 属名コリウス(コレウス)とは、ラテン語で「鞘」の意味で、花序が刀の鞘に似ていることによる。 コレウス・フォルスコリ(Plectranthus barbatus、シノニム:Coleus forskohlii)など、コリウス属の一部の種は現在、Plectranthus属に分類されている。



その他の植物

クモマグサ(雲間草)

ユキノシタ科ユキノシタ属

グロリオサ

ユリ科グロリオサ属

チャイニーズハット

シソ科ホルムショルディア属

アザミ(薊)

キク科アザミ属

カモミール

キク科カミツレ属(マトリカリア属)

ブラシノキ(ブラシの木)

フトモモ科ブラシノキ属

ユキヤナギ(雪柳)

バラ科シモツケ属

オステオスペルマム

キク科オステオスペルマム属