1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ベニバナ(紅花)

ベニバナ(紅花)
≪学名:Carthamus tinctorius≫

原産地、地中海沿岸、エジプトのキク科ベニバナ属ベニバナ(紅花)は、学名Carthamus tinctoriusです。英語ではSafflowerと表記し別名、スエツムハナ(末摘花) と呼ばれています。花色は黄色夏の季節に開花します。

ベニバナ(紅花)の花言葉は?

装い
化粧

誕生日花


詳細

学名
Carthamus tinctorius
英語
Safflower
科属名
キク科ベニバナ属
和名
末摘花(スエツムハナ)
別名
スエツムハナ(末摘花)
原産地
地中海沿岸、エジプト
季節
夏の季節
花色:黄色

ベニバナ(紅花、学名:Carthamus tinctorius)は、キク科ベニバナ属の一年草または越年草。雅称を末摘花(すえつむはな)ともいう。紅色染料や食用油の原料として栽培される。 エジプト原産といわれ、古くから世界各地で栽培されている。日本にはシルクロードを経て4 - 5世紀ごろに渡来したといわれている(6世紀伝来説もあり)。古くは和名を「くれのあい(呉藍)」といい、中国伝来の染料との意味。 高さは1m。花期は6 - 7月で、枝先に頭状花をつける。花は、はじめ鮮やかな黄色で、徐々に赤くなる。 形態 日本での産地 日本では、平安時代に千葉県長南町で盛んに栽培され、江戸時代中期以降は現在の山形県最上地方や埼玉県桶川市、上尾市周辺(桶川宿の頁を参照)で盛んに栽培された。しかし、明治時代以降、中国産の紅花が盛んに輸入され次いで化学的に合成可能なアニリン染料が普及したことから、こうした紅花生産は急速に衰退した。



その他の植物

カルセオラリア

ゴマノハグサ科カルセオラリア属

シュウカイドウ(秋海棠)

シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)

ハシバミ(榛)

カバノキ科ハシバミ属

ヤマユリ(山百合)

ユリ科ユリ属

ヤツシロソウ (八代草)

キキョウ科ホタルブクロ属

サンシュユ(山茱萸)

ミズキ科ミズキ属

ホワイトスター

ガガイモ科オクシペタルム属(トゥイーディア属)

ムシトリナデシコ(虫取り撫子)

ナデシコ科シレネ属