1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. パンパスグラス

パンパスグラス
≪学名:Cortaderia≫

原産地、南アメリカのイネ科コルタデリア属パンパスグラスは、学名Cortaderiaです。英語ではpampas grassと表記し別名、コルタデリアと呼ばれています。開花時期は9月~10月。秋の季節に開花します。

パンパスグラスの花言葉は?

光輝
人気

誕生日花




詳細

学名
Cortaderia
英語
pampas grass
科属名
イネ科コルタデリア属
和名
シロガネヨシ(白銀葭)
別名
コルタデリア
原産地
南アメリカ
季節
秋の季節
開花時期:9月~10月。

シロガネヨシ(学名: Cortaderia selloana)は、イネ科シロガネヨシ属の多年生植物。英名からパンパスグラスとも呼ばれる。 形態・生態 高さ2-3m程度と大きく成長し、細長い葉が根元から密生して伸びる。葉は縁が鋭い。 8-10月にかけて、垂直に立ち上がった茎に長さ50-70cmの羽毛のような花穂をつける。雄株と雌株があり、雄株の花穂は細長いのに対し、雌株は幅広く綿毛を持つ。色はややピンクがかった白銀色である。種類によっては矮性のものや、穂の色が紫色のものもある。 分布 原産地はブラジル、アルゼンチン、チリなどの南米大陸の草原(パンパス)。各国で観賞用に栽培され、日本には明治時代に入ってきた。 人間との関わり 大きく成長し、花穂をつけた姿は見栄えがするので、公園・花壇の植栽や道路分離帯の緑化などに用いられる。また、花穂は活花やドライフラワーに使われる。 栽培には日当たりのよい場所を選ぶ。葉はススキと同様に皮膚を切りやすく、手入れや伐採時には手足を保護できる服装が望ましい。



その他の植物

シロバナロウバイ(白花蝋梅)

ロウバイ科ロウバイ属

ヒヨドリバナ(鵯花)

キク科ヒヨドリバナ属

ハマナス(浜梨)

バラ科バラ属

ホテイアオイ(布袋葵)

ミズアオイ科ホテイアオイ属

シネラリア

キク科ペリカリス属

エピスシア

イワタバコ科エピスシア属

〔白色〕スイートピー

マメ科レンリソウ属