1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. アルストロメリア

アルストロメリア
≪学名:Alstroemeria spp.≫

原産地、南アメリカのユリ科アルストロメリア属アルストロメリアは、学名Alstroemeria spp.です。英語ではAlstroemeria、Peruvian lily、Lily of the Incasと表記し別名、百合水仙(ユリズイセン)、インカの百合、夢百合草(ユメユリソウと呼ばれています。開花時期は5月~7月。花色は赤色、ピンク色、白色、黄色、オレンジ色、青色、紫色、緑色。夏の季節に開花します。

アルストロメリアの花言葉は?

エキゾチック
未来への憧れ
持続
幸福な日々

誕生日花




詳細

学名
Alstroemeria spp.
英語
Alstroemeria、Peruvian lily、Lily of the Incas
科属名
ユリ科アルストロメリア属
和名
-
別名
百合水仙(ユリズイセン)、インカの百合、夢百合草(ユメユリソウ
原産地
南アメリカ
季節
夏の季節
開花時期:5月~7月。花色:赤色、ピンク色、白色、黄色、オレンジ色、青色、紫色、緑色。

『アルストロメリア属』より : アルストロメリア属 (Alstroemeria) は、単子葉植物の属の一つ。別名ユリズイセン属。 分類体系により所属する科は異なり、新エングラー体系ではヒガンバナ科、クロンキスト体系ではユリ科、APG分類体系ではユリズイセン科(アルストロメリア科)に分類される。 本属は南アメリカ原産で約50種が知られる。いずれもアンデス山脈の寒冷地に自生する。1753年、南米を旅行中だったカール・フォン・リンネ自らが種を採集した。リンネは親友のスウェーデンの男爵クラース・アルストレーマーの名にちなんで花に名を残した。 1926年(大正15年)に、日本に渡来した。 4-7月にかけて花が咲く。花持ちが長い。 参考画像 外部リンク チリ アルストロメリア科, Chileflora。



その他の植物

アケビ(木通、通草)

アケビ科アケビ属

アオキ(青木)

ガリア科アオキ属

トウモロコシ(玉蜀黍)

イネ科トウモロコシ属

チャイニーズハット

シソ科ホルムショルディア属

ワスレナグサ(勿忘草・忘れな草)

ムラサキ科ワスレナグサ属

アズキ(小豆・荅)

マメ科ササゲ属

テンナンショウ(天南星)

サトイモ科テンナンショウ属