イキシア
≪学名:Ixia ≫

原産地、南アフリカのアヤメ科イキシア属イキシアは、学名Ixia です。英語ではCorn lilyと表記し別名、イクシャと呼ばれています。花色は白色、黄色、ピンク色、赤色、紫色、オレンジ色。開花時期は4月~5月。春の季節に開花します。

イキシアの花言葉は?

誇り高い
秘めた恋
切り花

誕生日花




詳細

学名
Ixia
英語
Corn lily
科属名
アヤメ科ヤリズイセン属イキシア属
和名
ヤリズイセン
別名
イクシャ
原産地
南アフリカ
季節
春の季節
花色:白色、黄色、ピンク色、赤色、紫色、オレンジ色。開花時期:4月~5月。

イキシア、イクシャ (Ixia) は、アヤメ科イキシア属(ヤリズイセン属)の植物の総称である。日本では、この属に属す園芸植物を指すことが多い。 属名の由来 古いギリシャ語で、「鳥もち」の意味からとされる。茎や葉を傷つけると出てくる液が、ねばねばしていることによる。 原種は50種あまり知られているが、すべて南アフリカ、特にケープタウン付近の原産である。現在イキシアとして栽培されるものは、ほとんどがこれらの交配種である。 球茎は、直径2cmほどのらっきょうのような形である。葉は剱状で、基部と茎にあわせて数枚つく。草丈は20 - 50cmくらいで、茎は直立して通常分枝はなく、剛直である。花は4月から5月に開花し、数輪から十数輪穂状花序または散形花序につき、花径は2 - 3cmで、花色は赤・黄色・白・ピンク・紅、紫など豊富で、複色のものもある。花は普通横向きに咲くが、同じ向きに咲くものと、螺旋状に向きが違うものがある。 栽培 秋に植え付けると半月から一ヶ月で発芽する。冬の間、日当たりがよい、排水の良いところを好む。



その他の植物

カタクリ(片栗)

ユリ科カタクリ属

クモマグサ(雲間草)

ユキノシタ科ユキノシタ属

ジニア

キク科ジニア属

へチマ(糸瓜)

ウリ科ヘチマ属

ユーチャリス

ヒガンバナ科ユーチャリス属

ラベンダー

シソ科ラベンダー属

マユミ(檀、真弓、檀弓)

ニシキギ科ニシキギ属

カキツバタ(燕子花・杜若)

アヤメ科アヤメ属