1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. ソバ(蕎麦)

ソバ(蕎麦)
≪学名:Fagopyrum esculentum≫

原産地、中国北部からシベリアのタデ科ソバ属ソバ(蕎麦)は、学名Fagopyrum esculentumです。英語ではBuckwheat、Common buckwheat、Sweet buckwheatと表記します。開花時期は4月~5月(春まき)、9月~10月(秋まき)。花色は白色、淡紅色、赤色。秋の季節に開花します。

ソバ(蕎麦)の花言葉は?

懐かしい想い出
喜びも悲しみも
あなたを救う

誕生日花




詳細

学名
Fagopyrum esculentum
英語
Buckwheat、Common buckwheat、Sweet buckwheat
科属名
タデ科ソバ属
和名
ソバ、普通ソバ、甘ソバ、和ソバ
別名
-
原産地
中国北部からシベリア
季節
秋の季節
開花時期:4月~5月(春まき)、9月~10月(秋まき)。花色:白色、淡紅色、赤色。

ソバ(蕎麦、学名 Fagopyrum esculentum)は、タデ科ソバ属の一年草。一般に穀物は、イネ科(単子葉類)であるのに対して、ソバはタデ科、つまり双子葉類である。このようにイネ科以外の穀類として、アマランサス(ヒユ科)、キヌア(アカザ科)等があり、これらは擬穀類とよばれる。日本では主に実を製粉して蕎麦粉として利用し、それを用いた麺(蕎麦)や蕎麦掻等を食用にする。 草丈は60-130cmで、茎の先端に総状花序を出し、6mmほどの花を多数つける。花の色は白、淡紅、赤、茎の色は緑、淡紅、濃紅で、鶏糞肥料のような臭いを放つ。果実の果皮色は黒、茶褐色、銀色である。主に実を食用にする。 種まきをしてから70-80日程度で収穫でき、痩せた土壌やpH6程度の土壌でも成長し結実することから、救荒食物として5世紀頃から栽培されていた。しかし、痩せた土地では結実するだけで収穫量は少ない。他の主食となる作物と比較すると作付面積当たりの収穫量は依然として少ないままに留まっている(後述)。



その他の植物

イチハツ(一八・一初)

アヤメ科アヤメ属

サントリナ

キク科サントリナ属

ゼラニウム

フウロソウ科テンジクアオイ属

セリ(芹)

セリ科セリ属

ゲッカビジン(月下美人)

サボテン科クジャクサボテン属

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

シソ科オドリコソウ属

アサガオ(朝顔)〔白色〕

ヒルガオ科サツマイモ属

ゴマ(胡麻)

ゴマ科ゴマ属