1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. ヒョウタン(瓢箪)

ヒョウタン(瓢箪)
≪学名:Lagenaria siceraria var. gourda≫

原産地、北アフリカのウリ科ユウガオ属ヒョウタン(瓢箪)は、学名Lagenaria siceraria var. gourdaです。英語ではGourdと表記し別名、葫蘆(ころ)、瓢(ひさご)と呼ばれています。開花時期は7月~9月。花色は白色。秋の季節に開花します。

ヒョウタン(瓢箪)の花言葉は?

繁栄
利得
円満

誕生日花




詳細

学名
Lagenaria siceraria var. gourda
英語
Gourd
科属名
ウリ科ユウガオ属
和名
瓢箪
別名
葫蘆(ころ)、瓢(ひさご)
原産地
北アフリカ
季節
秋の季節
開花時期:7月~9月。花色:白色。

ヒョウタン(瓢箪、瓢簞、学名:Lagenaria siceraria var. gourda)は、ウリ科の植物。葫蘆(ころ)とも呼ぶ。なお、植物のヒョウタンの実を加工して作られる容器も「ひょうたん」と呼ばれる。瓢(ひさご)ともいう。 最古の栽培植物のひとつで、原産地のアフリカから食用や加工材料として全世界に広まったと考えられている。乾燥した種子は耐久性が強く、海水にさらされた場合なども高い発芽率を示す。 狭義には上下が丸く真ん中がくびれた形の品種を呼ぶが、球状から楕円形、棒状や下端の膨らんだ形など品種によってさまざまな実の形がある。 ヒョウタンは、苦み成分であり嘔吐・下痢等の食中毒症状を起こすククルビタシンを含有し、果肉の摂取は食中毒の原因となる。 種類 ヒョウタンには大小さまざまな品種があり、長さが5センチくらいの極小千成から、2メートルを越える大長、また胴回りが1メートルを超えるジャンボひょうたんなどがある。



その他の植物

オトメギキョウ(乙女桔梗)

キキョウ科カンパヌラ属

アベリア

スイカズラ科ツクバネウツギ属

ベンケイソウ(弁慶草)

ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属

チョコレートコスモス

キク科コスモス属

クラスペディア

キク目キク科クラスペディア属

クルクマ・シャローム

ショウガ科クルクマ属

クリンソウ(九輪草)

サクラソウ科サクラソウ属

ガクアジサイ(額紫陽花)

ユキノシタ科アジサイ属