1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ヒオウギ(檜扇)

ヒオウギ(檜扇)
≪学名:Belamcanda chinensis≫

原産地、日本、中国、東南アジアのアヤメ科ヒオウギ属ヒオウギ(檜扇)は、学名Belamcanda chinensisです。英語ではLeopard flowerと表記し別名、カラスオウギ(烏扇)と呼ばれています。開花時期は7月~8月ごろ。夏の季節に開花します。

ヒオウギ(檜扇)の花言葉は?

誠意
個性美

誕生日花




詳細

学名
Belamcanda chinensis
英語
Leopard flower
科属名
アヤメ科ヒオウギ属
和名
桧扇、檜扇
別名
カラスオウギ(烏扇)
原産地
日本、中国、東南アジア
季節
夏の季節
開花時期:7月~8月ごろ。

ヒオウギガイ(桧扇貝、学名 Mimachlamys nobilis)は、二枚貝綱イタヤガイ目イタヤガイ科の1種。食用になる貝で、アッパガイ、バタバタ、チョウタロウ、虹色貝などの別名、緋扇貝の表記がある。 生態 殻長は10cmほどで、形状は扇形。殻頂の前後に耳状突起があり、右殻の前方の耳状突起の直下には櫛の歯状に切れ込みがあり、ここから足糸を出し、右の殻を下にして石や岩に固着する。貝殻の色は赤、橙、黄、紫などで、1個体は単色だが個体によって変異に富んでいる。ただし、野生個体は褐色の個体が多いようである。人工採卵して養殖を行うと、遺伝的に固定した様々な色彩変異個体を得ることができ、鮮やかな黄色や紫の個体に高い商品価値がつけられてよく養殖されている。和名は、貝の形や色を古代にヒノキ材の薄板を束ねて作った扇である桧扇に例えたものである。 房総半島以南に分布し、干潮線帯から水深20mくらいまでの岩礁に生息する。 ホタテガイと同じイタヤガイ科であるが、岩礁に足糸によって強固に固着しているため、危険が迫ってもホタテガイやイタヤガイなど砂泥底生のイタヤガイ科の貝と同じように、二枚の貝殻を開閉し水流を起こし泳いで逃避することはない。



その他の植物

ホトトギス(杜鵑草)

ユリ科ホトトギス属

ヒョウタン(瓢箪)

ウリ科ユウガオ属

ヒメヒマワリ(姫向日葵)

キク科ヘリオプシス属

インパチェンス

ツリフネソウ科インパチェンス属

ウラジロ(裏白)

ウラジロ科ウラジロ属

アルテルナンテラ(アキランサス)

ヒユ科アルテナンセラ属

ボタン(牡丹)

ボタン科ボタン属

ワラ(藁)

イネ科