1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. オクラ(秋葵)

オクラ(秋葵)
≪学名:Abelmoschus esculentus≫

原産地、アフリカ北東部のアオイ科トロロアオイ属オクラ(秋葵)は、学名Abelmoschus esculentusです。英語ではokraと表記します。開花時期は7月~9月。秋の季節に開花します。

オクラ(秋葵)の花言葉は?

恋によって身が細る

誕生日花




詳細

学名
Abelmoschus esculentus
英語
okra
科属名
アオイ科トロロアオイ属
和名
オカレンコン(陸蓮根)、アメリカネリ(黄蜀葵)
別名
-
原産地
アフリカ北東部
季節
秋の季節
開花時期:7月~9月。

オクラ(英語: okra、秋葵、学名: Abelmoschus esculentus)は、アオイ科トロロアオイ属の植物、またはその食用果実である。英名 okra の語源は、ガーナで話されるトウィ語の nkrama から。その形状からLady's finger(婦人の指)とも呼ばれる。 原産地はアフリカ北東部(エチオピアが有力)。原産地や熱帯では多年草で、何年も繰り返し果実をつけるが、日本では冬越しができないため一年草である。 和名をアメリカネリと言い、ほかに陸蓮根(おかれんこん)の異名もある。沖縄県や鹿児島県、伊豆諸島など、この野菜が全国的に普及する昭和50年代以前から食べられていた地域では「ネリ」という日本語で呼ばれていた。今日では当該地域以外では「オクラ」という英語名称以外では通じないことが多い。 角オクラは10cm、丸オクラは15-20cmくらいに成長した段階の若い果実を食用とし、日本でも広く普及している。大きくなりすぎると繊維が発達して食感が悪くなり、食品価値を失う。 形態・生態 短期間で50cm-2mほどに生長し、15-30cmの大きさの掌状の葉をつける。



その他の植物

ユキノシタ(雪の下)

ユキノシタ科ユキノシタ属

キリンソウ(麒麟草)

ベンケイソウ科マンネングサ属

カンパニュラ(風鈴草)

キキョウ科ホタルブクロ属

レモンバーベナ

クマツヅラ科イワダレソウ属

マンリョウ(万両)

サクラソウ科ヤブコウジ属

ハナカイドウ(花海棠)

バラ科リンゴ属