1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. イチイ(一位、櫟)

イチイ(一位、櫟)
≪学名:Taxus cuspidata≫

原産地、日本 朝鮮半島のイチイ科イチイ属イチイ(一位、櫟)は、学名Taxus cuspidataです。英語ではJapanese Yewと表記し別名、アララギ、オンコ(アイヌ語)、蘇芳(スオウ)、笏の木(シャクノキ)と呼ばれています。開花時期は3月~5月。雌雄異株。花色は雄花-薄黄色、雌花-緑色。岐阜県の県木。秋の季節に開花します。

イチイ(一位、櫟)の花言葉は?

慰め
高尚
悲しみ
残念
悲哀

誕生日花


詳細

学名
Taxus cuspidata
英語
Japanese Yew
科属名
イチイ科イチイ属
和名
一位、櫟
別名
アララギ、オンコ(アイヌ語)、蘇芳(スオウ)、笏の木(シャクノキ)
原産地
日本 朝鮮半島
季節
秋の季節
開花時期:3月~5月。雌雄異株。花色:雄花-薄黄色、雌花-緑色。岐阜県の県木。

イチイ(一位、櫟、学名:Taxus cuspidata)は、イチイ科イチイ属の植物。またはイチイ属の植物の総称。常緑針葉樹。別名はアララギ。北海道や北東北の方言ではオンコと呼ばれ、アイヌからはクネニと呼ばれた。同属にヨーロッパイチイ T. baccataがある。 属の学名 Taxusはヨーロッパイチイのギリシャ語名で弓を意味する taxosから、種小名 cuspidataは「急に尖った」の意味。 分布 本州、北海道、樺太、九州、四国、千島列島、中国東北部、朝鮮半島、ロシア沿海地方に分布。北海道では標高の低い地域にも自然分布するが、四国や九州では山岳地帯に分布する。庭木としては、沖縄県を除いた日本全国で一般的に見られる。 雌雄異株で、高さ20mほどの高木になるが成長は遅い。樹型は円錐形になる。幹の直径は50 - 100cmほどになり、樹皮には縦に割れ目が走る。 葉は濃緑色で、線形をし、先端は尖っているが柔らかく触ってもそれほど痛くない。枝に2列に並び、先端では螺旋状につく。 4月ごろ小形の花をつけ、初秋に赤い実をつける。



その他の植物

ミソハギ (禊萩)

ミソハギ科ミソハギ属

ニコチアナ

ナス科ニコチアナ属

ハギ(萩)

マメ科ハギ属

ヒナギク(雛菊)

キク科ヒナギク属

ヤナギ(柳)

ヤナギ科ヤナギ属

フリージア

アヤメ科フリージア属

白ツバキ(白椿)

ツバキ科ツバキ属

プリムラ・オブコニカ

サクラソウ科プリムラ属