1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ヘクソカズラ(屁糞葛)

ヘクソカズラ(屁糞葛)
≪学名:Paederia scandens≫

原産地、日本、東アジアのアカネ科ヘクソカズラ属ヘクソカズラ(屁糞葛)は、学名Paederia scandensです。英語ではSkunk vineと表記し別名、ヤイトバナ(灸花)、サオトメバナ(早乙女花)と呼ばれています。開花時期は7月~9月。花色は白色。つる性。夏の季節に開花します。

ヘクソカズラ(屁糞葛)の花言葉は?

人嫌い
誤解を解きたい
意外性のある

誕生日花



詳細

学名
Paederia scandens
英語
Skunk vine
科属名
アカネ科ヘクソカズラ属
和名
クソカズラ(糞葛・屎葛)
別名
ヤイトバナ(灸花)、サオトメバナ(早乙女花)
原産地
日本、東アジア
季節
夏の季節
開花時期:7月~9月。花色:白色。つる性。

ヘクソカズラ(屁糞葛、学名: Paederia scandens)は、アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草で、至る所に多い雑草。葉や茎に悪臭があることから屁屎葛(ヘクソカズラ)の名がある。古名はクソカズラ(糞葛・屎葛)。別名ヤイトバナ、サオトメバナ。 形態・生態 葉は蔓性の茎に対生し、形は披針形から広卵形で、縁は全縁。 花期は7月から9月頃で、花弁は白色、中心は紅紫色であり、その色合いが灸を据えた跡のようなのでヤイトバナ(灸花)の別名がある。果実は黄褐色。 ホシホウジャク(スズメガ科)の幼虫が食する。 分布 日本各地、東アジアに分布する。 人間との関わり 干して水分を飛ばした果実、または生の実を薬用とする。ただ、生の果実はかなりの臭気を放つのに対して、乾燥したものは不思議と臭いが消えるため、乾燥したものを使うことのほうが多い。劇的ではないが効用は認められており、しもやけ、あかぎれなどの外用民間薬のほか、生薬の鶏屎藤果としても知られている。



その他の植物

スペアミント

シソ科ハッカ属

ヒポシルタ

イワタバコ科ネマタンサス属

コリアンダー

セリ科コエンドロ属

センブリ(千振)

リンドウ科センブリ属

モミジアオイ(紅葉葵)

アオイ科フヨウ属

カンノンチク(観音竹)

ヤシ科カンノンチク属

タマスダレ (玉簾)

ヒガンバナ科タマスダレ属

シネラリア

キク科ペリカリス属