1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. シオン (紫苑)

シオン (紫苑)
≪学名:Aster tataricus≫

原産地、日本、朝鮮、中国、モンゴル、シベリアのキク科シオン属シオン (紫苑)は、学名Aster tataricusです。英語ではTatarian asterと表記し別名、オニノシコグサ(鬼の醜草)、ジュウゴヤソウ(十五夜草)と呼ばれています。開花時期は9月~10月。花色は紫色。白色、うすピンク色。秋の季節に開花します。

シオン (紫苑)の花言葉は?

追憶
あなたを忘れない

誕生日花




詳細

学名
Aster tataricus
英語
Tatarian aster
科属名
キク科シオン属
和名
紫苑
別名
オニノシコグサ(鬼の醜草)、ジュウゴヤソウ(十五夜草)
原産地
日本、朝鮮、中国、モンゴル、シベリア
季節
秋の季節
開花時期:9月~10月。花色:紫色。白色、うすピンク色。

シオン(ヘブライ語: ציון‎、ティベリア式発音:Ṣiyyôn)は、イスラエルのエルサレム地方の歴史的地名。ラテン文字ではSion(フランス語発音: [sjɔ̃] スィヨン)、Zion(英語発音: [ˈzaiən] ザイアン、ドイツ語発音:ツィーオン)などと書かれ、日本語では英語にならった「ザイオン」との表記も見られる。 もと、ダビデの支配下に入ったエブス人の町として登場する地名だが、神殿の丘の別名となり、のちにエルサレム全体、さらにイスラエルの地全体への形容詞ともなった。シオンの丘というものも存在し、シオニズムの語源となった地名である。 関連項目 聖書に登場する地名一覧。



その他の植物

カタクリ(片栗)

ユリ科カタクリ属

カボチャ(南瓜)

ウリ科カボチャ属

ポインセチア

トウダイグサ科トウダイグサ属

〔赤色〕ダリア

キク科ダリア属

マンサク(満作)

マンサク科マンサク属

〔白色〕ペチュニア

ナス科ペチュニア属

スプレーカーネーション

ナデシコ科ナデシコ属

オウバイ(黄梅)

モクセイ科ソケイ属