1. トップ
  2. 花言葉
  3. 冬の季節
  4. アロエベラ

アロエベラ
≪学名:Aloe barbadensis≫

原産地、アラビア半島南部、北アフリカ、カナリア諸島、カーボベルデのアロエ科アロエ属アロエベラは、学名Aloe barbadensisです。英語ではaloe veraと表記します。開花時期は5月頃。花色は黄色。冬の季節に開花します。

アロエベラの花言葉は?

健康
信頼
万能

誕生日花




詳細

学名
Aloe barbadensis
英語
aloe vera
科属名
アロエ科アロエ属
和名
-
別名
-
原産地
アラビア半島南部、北アフリカ、カナリア諸島、カーボベルデ
季節
冬の季節
開花時期:5月頃。花色:黄色。

『アロエ』より : アロエベラ (Aloe vera) はアロエ属に属する多肉植物の一種。アラビア半島南部、北アフリカ、カナリア諸島、カーボベルデが原産地だと考えられている。乾燥地帯でも育ち、アフリカ、インドやその他の地域に広く分布している。生薬としてもしばしば用いられる。アロエベラの薬効については多くの研究が行われている。その中には相反するものもあるが、抽出物は怪我・火傷・皮膚感染・皮脂嚢胞・糖尿病・高脂血症等に効くという証拠も多い。これらの薬効は多糖・マンナン・アントラキノン・レクチン等の存在に依ると考えられている。 茎がないか、非常に短い茎しかない多肉植物で、60-100cmの高さに育つ。葉は厚く、緑色から灰緑色で、表や裏に白い斑点が入っているもの等、様々な種類がある。葉の縁は鋸葉状で、白い小さなとげが付いている。花は夏期に、高さ90cmの穂の上に咲く。それぞれの花には、黄色い2-3cmの管状の花冠がぶら下がっている。他のアロエ属の種と同様にアーバスキュラー菌根を形成し、共生することによって土中の栄養分を効率的に得ている。



その他の植物

タンジー

キク科ヨモギギク属

オキザリス

カタバミ科カタバミ属

マリーゴールド

キク科コウオウソウ属

スズカケノキ(鈴掛の木・篠懸の木)

スズカケノキ科スズカケノキ属

アカンサス

キツネノマゴ科ハアザミ属

マンネングサ(万年草)

ベンケイソウ科キリンソウ属

ホワイトスター

ガガイモ科オクシペタルム属(トゥイーディア属)

フキタンポポ(蕗蒲公英)

キク科フキタンポポ属