1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. クルマユリ(車百合)

クルマユリ(車百合)
≪学名:Lilium medeoloides≫

原産地、日本、朝鮮半島のユリ科ユリ属クルマユリ(車百合)は、学名Lilium medeoloidesです。英語ではwheel lilyと表記し別名、カサユリと呼ばれています。開花時期は7月~9月。花色はオレンジ色、赤色など。日本に自生するユリとしてはもっとも標高の高いところに生える。夏の季節に開花します。

クルマユリ(車百合)の花言葉は?

純潔
多才な人

誕生日花


詳細

学名
Lilium medeoloides
英語
wheel lily
科属名
ユリ科ユリ属
和名
車百合
別名
カサユリ
原産地
日本、朝鮮半島
季節
夏の季節
開花時期:7月~9月。花色:オレンジ色、赤色など。日本に自生するユリとしてはもっとも標高の高いところに生える。

クルマユリ(車百合、学名:Lilium medeoloides A. Gray )は、ユリ科ユリ属の多年草。 白色の鱗茎は球形で、直径約2 cm。茎の高さは30-100 cm。花の大きさは5-6 cm、茎の上部に1-数個が互生する。6枚の花被片はオレンジ色で、濃紅色の斑点がある。花粉は赤褐色。花期は7-8月。葉が茎の中央部で6-15枚輪生し、その上部に3-4枚まばらにつく。朔果は倒卵形で、長さは約2 cm。 和名は、茎に輪生する葉を車輪の輻(や)にたとえたことに由来する。 分布 中国、朝鮮半島、サハリン、カムチャッカ半島、千島列島、日本に分布し、冷涼な土地に生育する。 日本では北海道や本州の中部以北と大台ヶ原山と四国の剣山の高山帯から亜高山帯の草原に分布している。田中澄江の著書である『新・花の百名山』で、栗駒山を代表する高山植物としてムシトリスミレなどと共に紹介された。基準標本は函館市付近のもの。青森県車力村(現つがる市)の村の花であった。 利用 鱗茎は可食で、アイヌ料理では調理して食される。



その他の植物

カラマツ(落葉松・唐松)

マツ科カラマツ属

ナンテン(南天)

メギ科ナンテン属

オトギリソウ(弟切草)

オトギリソウ科オトギリソウ属

シスタス

ハンニチバナ科ゴジアオイ属

トリトマ

ユリ科シャグマユリ属

カラジューム

サトイモ科カラジューム属

カンノンチク(観音竹)

ヤシ科カンノンチク属

ヒイラギ(柊・疼木・柊木)

モクセイ科モクセイ属