1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. ミソハギ (禊萩)

ミソハギ (禊萩)
≪学名:Lythrum anceps≫

原産地、日本、朝鮮半島のミソハギ科ミソハギ属ミソハギ (禊萩)は、学名Lythrum ancepsです。英語ではloosestrifeと表記し別名、ボンバナ(盆花)、ショウリョウバナ(精霊花)、ミズカケグサ(水掛草)と呼ばれています。開花時期は7月~9月。花色は赤紫色秋の季節に開花します。

ミソハギ (禊萩)の花言葉は?

愛の悲しみ
純真な愛情
悲哀
慈悲

誕生日花



詳細

学名
Lythrum anceps
英語
loosestrife
科属名
ミソハギ科ミソハギ属
和名
禊萩
別名
ボンバナ(盆花)、ショウリョウバナ(精霊花)、ミズカケグサ(水掛草)
原産地
日本、朝鮮半島
季節
秋の季節
開花時期:7月~9月。花色:赤紫色

ミソハギ(禊萩、学名:Lythrum anceps)はミソハギ科の多年草。 湿地や田の畔などに生え、また栽培される。日本および朝鮮半島に分布。茎の断面は四角い。葉は長さ数センチで細長く、対生で交互に直角の方向に出る。お盆のころ紅紫色6弁の小さい花を先端部の葉腋に多数つける。 盆花としてよく使われ、ボンバナ、ショウリョウバナ(精霊花)などの名もある。ミソハギの和名の由来はハギに似て禊(みそぎ)に使ったことから禊萩、または溝に生えることから溝萩によるといわれる。 近縁のエゾミソハギとも、千屈菜(せんくつさい)と呼ばれて下痢止めなどの民間薬とされ、また国・地方によっては食用にされる。千屈菜(みそはぎ)は秋の季語。 近縁種 近縁のエゾミソハギ (L. salicaria) はミソハギより大型で、葉の基部が茎を抱き、毛が多い。九州以北の各地(北海道に限らない)、またユーラシア大陸や北アフリカにも広く分布する。欧米でも観賞用に栽培され、ミソハギ同様盆花にもされる。世界の侵略的外来種ワースト100 (IUCN, 2000) 選定種の一つである。



その他の植物

ポピー

ケシ科ケシ属

ヘデラ

ウコギ科キヅタ属

〔黄色〕キク (菊)

キク科キク属

ビバーナム

スイカズラ科ガマズミ属

ジンジャー

ショウガ科シュクシャ属

ダリア

キク科ダリア属

トウダイグサ(灯台草)

トウダイグサ科トウダイグサ属

テンナンショウ(天南星)

サトイモ科テンナンショウ属