1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. ブドウ(葡萄)

ブドウ(葡萄)
≪学名:Vitis spp.≫

原産地、地中海沿岸、中央アジア、東アジア、北アメリカのブドウ科ブドウ属ブドウ(葡萄)は、学名Vitis spp.です。英語ではgrapeと表記し別名、蒲桃(ほとう)と呼ばれています。開花時期は5月~6月。秋の季節に開花します。

ブドウ(葡萄)の花言葉は?

好意
思いやり
慈善
信頼
陶酔
酔いと狂気
忘却

誕生日花




詳細

学名
Vitis spp.
英語
grape
科属名
ブドウ科ブドウ属
和名
葡萄
別名
蒲桃(ほとう)
原産地
地中海沿岸、中央アジア、東アジア、北アメリカ
季節
秋の季節
開花時期:5月~6月。

ブドウ(葡萄、英名 "Grape"、学名 Vitis spp.)は、ブドウ科 (Vitaceae) のつる性落葉低木である。また、その果実のこと。 葉は両側に切れ込みのある15 - 20cmほどの大きさで、穂状の花をつける。野生種は雌雄異株であるが、栽培ブドウは一つの花におしべとめしべがあり、自家受粉する。このため自家結実性があり、他の木がなくとも一本で実をつける。果実は緑または濃紫で、内部は淡緑であり、房状に生る。食用部分は主に熟した果実である。食用となる部分は子房が肥大化した部分であり、いわゆる真果である。外果皮が果皮となり、中果皮と内果皮は果肉となる。果実のタイプとしては漿果に属する。大きさは2 - 8cm程度の物が一般的である。ブドウの果実は枝に近い部分から熟していくため、房の上の部分ほど甘みが強くなり、房の下端部分は熟すのが最も遅いため甘味も弱くなる。皮の紫色は主にアントシアニンによるものである。甘味成分としてはブドウ糖と果糖がほぼ等量含まれている。また、酸味成分として酒石酸とリンゴ酸が、これもほぼ等量含まれる。



その他の植物

ヤブラン(藪蘭)

ユリ科ヤブラン属

ルコウソウ (縷紅草)

ヒルガオ科ルコウソウ属

タンポポ(蒲公英)

キク科タンポポ属

ヒスイカズラ(翡翠葛)

マメ科ヒスイカズラ属

クリスマスベゴニア

シュウカイドウ科ベゴニア属

タイサンボク(泰山木・大山木)

モクレン科モクレン属

チャノキ(茶の木・茶樹)

ツバキ科ツバキ属

キブシ(木五倍子)

キブシ科キブシ属