1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. タマリンド

タマリンド
≪学名:Tamarindus indica≫

原産地、アフリカのマメ科タマリンド属タマリンドは、学名Tamarindus indicaです。英語ではtamarindと表記し別名、チョウセンモダマと呼ばれています。夏の季節に開花します。

タマリンドの花言葉は?

贅沢

誕生日花




詳細

学名
Tamarindus indica
英語
tamarind
科属名
マメ科タマリンド属
和名
-
別名
チョウセンモダマ
原産地
アフリカ
季節
夏の季節

タマリンド(英:tamarind、学名:Tamarindus indica)は、マメ科ジャケツイバラ亜科タマリンド属の常緑高木。タマリンド属で唯一の種である。果実が食用になる。別名、チョウセンモダマ。 形態、分布 アフリカの熱帯が原産で、インド、東南アジア、アメリカ州などの亜熱帯および熱帯各地で栽培される。 樹高は20m以上になる常緑高木で、葉は長さ15-20cmの羽状複葉、小葉は10-20片で長楕円形。花は総状花序をなし、5弁で径3cm。黄色に橙色または赤色のすじが入る。 果実は長さ7-15cm、幅2cmほどのやや湾曲した肉厚な円筒形のさやで、黄褐色の最外皮は薄くもろい。1個ないし10個の黒褐色で扁平な卵円形の種子との間隙はペースト状の黒褐色の果肉で満たされる。この果肉は柔らかく酸味があり、食用とされる。 半乾燥地に適応しているが、雨の多いところでも生育する。 品種 酸味が弱く甘味が強い生食に適した品種もある。 食用 料理の酸味料や食品添加物の増粘安定剤として用いられる他、ピクルス、シロップ、清涼飲料水に加工されるなど、利用範囲の非常に広い果実である。



その他の植物

アヤメ(菖蒲・文目・綾目)

アヤメ科アヤメ属

モモ(桃)

バラ科モモ属

〔白色〕エリカ

ツツジ科エリカ属

クサギ(臭木)

シソ科クサギ属

ジャノヒゲ(蛇の髭)

クサスギカズラ科ジャノヒゲ属

バラ(薔薇)

バラ科バラ属