1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)
≪学名:Oenothera speciosa≫

原産地、北アメリカのアカバナ科マツヨイグサ属ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)は、学名Oenothera speciosaです。英語ではPinkladies Showy evening primroseと表記し別名、エノテラと呼ばれています。開花時期は5月~7月。花色は白色、ピンク色。夏の季節に開花します。

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)の花言葉は?

無言の愛
自由な心
固く結ばれた愛
奥深い愛情

誕生日花




詳細

学名
Oenothera speciosa
英語
Pinkladies Showy evening primrose
科属名
アカバナ科マツヨイグサ属
和名
昼咲月見草
別名
エノテラ
原産地
北アメリカ
季節
夏の季節
開花時期:5月~7月。花色:白色、ピンク色。

ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草、学名:Oenothera speciosa)は、アカバナ科マツヨイグサ属の多年生植物。観賞用として栽培されている。 草丈は30-60cmくらい。葉は披針形で互生する。5-7月頃に、4-5cmくらいの大きさの、白または薄いピンク色の花を付ける。花弁の数は4枚で、8本の雄蕊と、先端が十字型をした雌蕊がある。 北米原産の帰化植物であり、観賞用として輸入・栽培されていたものが野生化している。名称の由来は、宵に咲くツキミソウと違って、昼間にも開花していることによる。



その他の植物

コウホネ(河骨)

スイレン属コウホネ属

トウモロコシ(玉蜀黍)

イネ科トウモロコシ属

オトメギキョウ(乙女桔梗)

キキョウ科カンパヌラ属

ザクロ(柘榴)

ザクロ科ザクロ属

デンドロビウム

ラン科セッコク属

カスミソウ(霞草)

ナデシコ科カスミソウ属

ナノハナ(菜の花)

アブラナ科アブラナ属

ワスレナグサ〔白色〕(勿忘草)

ムラサキ科ワスレナグサ属