1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. ニガヨモギ(苦蓬)

ニガヨモギ(苦蓬)
≪学名:Artemisia absinthium≫

原産地、ヨーロッパ、アジア、北アフリカのキク科ヨモギ属ニガヨモギ(苦蓬)は、学名Artemisia absinthiumです。英語ではworm woodと表記し別名、ワームウッドと呼ばれています。開花時期は7月~9月。花の特徴は、多数の黄色い小さな花を円錐状につける。葉はヨモギに似ている。ニガヨモギは習慣性の毒性があるので,多くの国では禁止されています。春の季節に開花します。

ニガヨモギ(苦蓬)の花言葉は?

冗談
からかい
平和

誕生日花




詳細

学名
Artemisia absinthium
英語
worm wood
科属名
キク科ヨモギ属
和名
苦蓬(ニガヨモギ)
別名
ワームウッド
原産地
ヨーロッパ、アジア、北アフリカ
季節
春の季節
開花時期:7月~9月。花の特徴は、多数の黄色い小さな花を円錐状につける。葉はヨモギに似ている。ニガヨモギは習慣性の毒性があるので,多くの国では禁止されています。

ニガヨモギ(苦蓬、苦艾、学名:Artemisia absinthium)はキク科ヨモギ属の多年草あるいは亜潅木。生薬名:苦艾(くがい)。英名はworm wood(ワームウッド)。ワームとは蛇のことで、楽園から追放された蛇が這った跡からこの植物が生えてきたという伝説に由来する。 高さは40 - 100cmほどで、全体を細かな白毛が覆っていて、独特の臭いがある。葉は15cmほどの羽状複葉で互生する。葉の表面は緑白色、裏面は白色。花期は7 - 9月で、多数の黄色い小さな花を円錐状につける。 原産地はヨーロッパ。北アメリカ、中央アジアから東アジア、北アフリカにも分布している。日本には江戸時代末期に渡来した。 学名は聖なる草を意味するエルブ・アブサントに由来する。英名はエデンの園から追放された蛇の這った後に生えたという伝説に由来するとも、防虫剤に使ったからともいわれる。 北欧のバイキングの間では死の象徴とされていた。 利用 葉、枝を健胃薬、駆虫薬としてもちいる。干したものを袋に詰め衣類の防虫剤として使う。 清涼飲料水、リキュール、ハーブ酒などに香り付けなどの目的でつかわれる。



その他の植物

カタクリ(片栗)

ユリ科カタクリ属

ナツメ(棗・夏芽)

クロウメモドキ科ナツメ属

タイム

シソ科タイム属

ラッパスイセン(ラッパ水仙)

ヒガンバナ科スイセン属

シソ(紫蘇)

シソ科シソ属

チューリップ〔白色〕

ユリ科チューリップ属

クチナシ(梔子・巵子・支子)

アカネ科クチナシ属

クルミ(胡桃)

クルミ科クルミ属