1. HOME
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. クサノオウ(草の王・瘡の王)

クサノオウ(草の王・瘡の王)
≪学名:Chelidonium majus var.asiaticum≫

原産地、日本、サハリン、朝鮮半島、中国のケシ科クサノオウ属クサノオウ(草の王・瘡の王)は、学名Chelidonium majus var.asiaticumです。英語ではGreater celandineと表記し別名、白屈菜(ハックツサイ)、皮癬草(ヒゼンクサ)、タムシグサ7、イボクサ、ニガクサと呼ばれています。開花時期は4月~7月ごろ。花色は黄色。夏の季節に開花します。

クサノオウ(草の王・瘡の王)

花言葉

思い出

誕生花




詳細

学名
Chelidonium majus var.asiaticum
英語
Greater celandine
科属名
ケシ科クサノオウ属
和名
瘡王
別名
白屈菜(ハックツサイ)、皮癬草(ヒゼンクサ)、タムシグサ7、イボクサ、ニガクサ
原産地
日本、サハリン、朝鮮半島、中国
季節
夏の季節
開花時期:4月~7月ごろ。花色:黄色。

その他の植物

ベニジウム

キク科ペニジウム属

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属

カトレア

ラン科カトレア属

セッカヤナギ(石化柳)

ヤナギ科ヤナギ属

クジャクシダ(孔雀羊歯)

ホウライシダ科ホウライシダ属

エピスシア

イワタバコ科エピスシア属

ジャノヒゲ(蛇の髭)

クサスギカズラ科ジャノヒゲ属

プリムラ・ポリアンサ

サクラソウ科サクラソウ属