1. HOME
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. ニワトコ(接骨木・庭常)

ニワトコ(接骨木・庭常)《学名:Sambucus racemosa subsp. sieboldiana》

原産地、ヨーロッパ、北アフリカ、南西アジアのスイカズラ科ニワトコ属ニワトコ(接骨木・庭常)は、学名Sambucus racemosa subsp. sieboldianaです。英語ではJapanese red elderと表記し別名、タズノキ、セッコツボクと呼ばれています。開花時期は4月~5月。春の季節に開花します。

ニワトコ(接骨木・庭常)

花言葉

熱心
熱中
憐れみ(かわいそうに思う心)


詳細

学名
Sambucus racemosa subsp. sieboldiana
英語
Japanese red elder
科属名
スイカズラ科ニワトコ属
和名
庭常、接骨木
別名
タズノキ、セッコツボク
原産地
ヨーロッパ、北アフリカ、南西アジア
季節
春の季節
開花時期:4月~5月。

その他の植物

センブリ(千振)

リンドウ科センブリ属

ポインセチア

トウダイグサ科トウダイグサ属

アイ(藍)

タデ科イヌタデ属

ブドウ(葡萄)

ブドウ科ブドウ属

カリン(花梨)

バラ科カリン属

〔白色〕チューリップ

ユリ科チューリップ属

フクジュソウ(福寿草)

キンポウゲ科フクジュソウ属

ハクモクレン(白木蓮)

モクレン科モクレン属