1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. マリーゴールド

マリーゴールド
≪学名:Tagetes≫

原産地、南ヨーロッパ、メキシコのキク科コウオウソウ属マリーゴールドは、学名Tagetesです。英語ではmarigoldsと表記し別名、サンショウギク(山椒菊)、センジュギク(千寿菊)、クジャクソウ(孔雀草)、ホソバクジャクソウ(細葉孔雀草)と呼ばれています。夏の季節に開花します。

マリーゴールドの花言葉は?

嫉妬
悲哀

誕生日花




詳細

学名
Tagetes
英語
marigolds
科属名
キク科コウオウソウ属
和名
キンセンカ(金盞花)、トウキンセンカ(唐金盞花)
別名
サンショウギク(山椒菊)、センジュギク(千寿菊)、クジャクソウ(孔雀草)、ホソバクジャクソウ(細葉孔雀草)
原産地
南ヨーロッパ、メキシコ
季節
夏の季節

マリーゴールド(英語: marigold、学名:Tagetes)は、キク科コウオウソウ属(マンジュギク属)のうち、草花として栽培される植物の総称。また、花の色や形がよく似ていて、葉にトマトのへたのような青臭いにおいのあるキンセンカ(ポットマリーゴールド)を指すことがある。意は「聖母マリアの黄金の花」。花言葉は「信頼」、「悲しみ」、「嫉妬」、「勇者」、「悪を挫く」、「生命の輝き」、「変わらぬ愛」、「濃厚な愛情」。 この項では、コウオウソウ属について説明する。 属名の由来 エトルリアの神ターゲス(en:Tages)の名前から。 性状 アメリカ大陸の熱帯と温帯にかけて約50種が分布し、ほかにアフリカに1種ある。園芸種として栽培されるものには、フレンチやアフリカンを冠するものがあるが、すべてメキシコ原産でフランスやアフリカとは無縁である。 一年草が多いが、一部多年草や亜灌木もある。茎は高さ30〜120cm、葉は濃い黄緑色、羽状複葉が対生する。全草に特有の臭気があるものが多い。4〜10月にかけて、茎に継続的に新たな蕾が発生し、直径2~5cmぐらいの鮮やかな黄・橙・暗赤色などの美しい花が咲く。



その他の植物

ミヤコワスレ(都忘れ)

キク科ミヤマヨメナ属

アイ(藍)

タデ科イヌタデ属

ベロニカ

オオバコ科ベロニカ属

サギソウ(鷺草)

ラン科サギソウ属

ジュズダマ(数珠玉)

イネ科ジュズダマ属

ラッパスイセン(ラッパ水仙)

ヒガンバナ科スイセン属

ハツコイソウ(初恋草)

クサトベラ科レケナウルティア属

ユズ(柚子)

ミカン科ミカン属