1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ
≪学名:Campsis grandiflora≫

原産地、中国、熱帯アメリカ のノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属ノウゼンカズラは、学名Campsis grandifloraです。英語ではChinese trumpet vineと表記し別名、チャイニーズ・トランペット・クリ-パー、トラッペット・ヴァインと呼ばれています。開花時期は7月~9月ごろ。花色はオレンジ色。落葉蔓性植物。夏の季節に開花します。

ノウゼンカズラの花言葉は?

栄光
名誉

誕生日花




詳細

学名
Campsis grandiflora
英語
Chinese trumpet vine
科属名
ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属
和名
凌霄花
別名
チャイニーズ・トランペット・クリ-パー、トラッペット・ヴァイン
原産地
中国、熱帯アメリカ
季節
夏の季節
開花時期:7月~9月ごろ。花色:オレンジ色。落葉蔓性植物。

ノウゼンカズラ(凌霄花、Campsis grandiflora)はノウゼンカズラ科の落葉性のつる性木本。夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけ、気根を出して樹木や壁などの他物に付着してつるを伸ばす。 中国原産で平安時代には日本に渡来していたと考えられる。夏の季語。 古名は「ノウセウ(陵苕)」または「ノセウ」で、それが訛って「ノウゼン」となった。また蔓が他の木に絡み攀じ登るため「カズラ」の名がついた。また古くは「まかやき(陵苕)」とも呼ばれた。 「ノウセウ」については凌霄(りょうしょう)の朝鮮読み「ヌンソ」の訛りとする説もある。 別名に「ノウゼン」、「ノショウ」がある。「のうぜんかつら」と表記される場合もある。 漢名の凌霄花は「霄(そら)を凌ぐ花」の意で、高いところに攀じ登ることによる命名。漢詩では他物に絡むため愛の象徴となる。また、「陵苕」(リョウチョウ)も本種を表す。現代中国語では「紫葳」(拼音 : zǐ wēi)とも呼ばれる。 花の形がトランペットに似ていることから英語では「トランペット・ヴァイン」(trumpet vine)、「トランペット・クリーパー」(trumpet creeper)あるいは「トランペット・フラワー」と呼ばれる。



その他の植物

パイナップルリリー

ユリ科ユーコミス属

キョウチクトウ(夾竹桃)

キョウチクトウ科キョウチクトウ属

オニユリ (鬼百合)

ユリ科ユリ属

ワレモコウ (吾亦紅)

バラ科ワレモコウ属

チューベローズ

リュウゼツラン科ポリアンテス属

ノコンギク(野紺菊)

キク科シオン属

〔白色〕ベゴニア

シュウカイドウ科ベゴニア属

ナツツバキ(夏椿)

ツバキ科ナツツバキ属