1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. カキノキ(柿の木)

カキノキ(柿の木)
≪学名:Diospyros kaki≫

原産地、東アジアのカキノキ科カキノキ属カキノキ(柿の木)は、学名Diospyros kakiです。英語ではPersimmon、Sharon fruitと表記します。開花時期は5月~6月。花色は黄色。秋の季節に開花します。

カキノキ(柿の木)の花言葉は?

恵み
優美
自然美

誕生日花




詳細

学名
Diospyros kaki
英語
Persimmon、Sharon fruit
科属名
カキノキ科カキノキ属
和名
柿の木
別名
-
原産地
東アジア
季節
秋の季節
開花時期:5月~6月。花色:黄色。

名称 カキノキ
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida
目 カキノキ目 :w:Ebenales Ebenales
科 カキノキ科 :w:Ebenaceae Ebenaceae
属 カキノキ属 ”:w:Diospyros Diospyros”
種 カキノキ ”D. kaki”
和名 カキノキ
英名 Kaki Persimmon
ファイル:Persimmon Garden.jpg thumb 220px 柿園
カキノキ(柿の木)とはカキノキ科の落葉樹である。東アジアの固有種で、特に長江流域に自生している。
雌雄同株であり、5月ごろに白黄色の地味な花をつける。果実は柿(かき)と呼ばれ、秋に橙色に熟す。
幹は家具材として用いられ、実は食用となる。葉は茶の代わりとして加工され飲まれることがある。未熟の果実はタンニンを多く含み、柿渋は防腐剤として用いられる。現在では世界中の温暖な地域(渋柿は、寒冷地)で果樹として栽培されている。



その他の植物

ポインセチア

トウダイグサ科トウダイグサ属

アメリカナデシコ(アメリカ撫子)

ナデシコ科ナデシコ属

ヨルガオ(夜顔)

ヒルガオ科サツマイモ属

ブッドレア

フジウツギ科ブッドレア属

サフラン

アヤメ科クロッカス属

ムシトリナデシコ(虫取り撫子)

ナデシコ科シレネ属