1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ハス(蓮)

ハス(蓮)
≪学名:Nelumbo nucifera≫

原産地、インドのハス科ハス属ハス(蓮)は、学名Nelumbo nuciferaです。英語ではLotusと表記し別名、水芙蓉(すいふよう、みずふよう)、池見草(いけみぐさ)、芙蓉(ふよう)、不語仙(ふごせん)、水の花と呼ばれています。開花時期は7月~8月。花色は白色、ピンク色。アジアの多くの国の国花。夏の季節に開花します。

ハス(蓮)の花言葉は?

雄弁
神聖
清らかな心
沈着
休養
神聖
離れゆく愛
遠ざかった愛

誕生日花




詳細

学名
Nelumbo nucifera
英語
Lotus
科属名
ハス科ハス属
和名
別名
水芙蓉(すいふよう、みずふよう)、池見草(いけみぐさ)、芙蓉(ふよう)、不語仙(ふごせん)、水の花
原産地
インド
季節
夏の季節
開花時期:7月~8月。花色:白色、ピンク色。アジアの多くの国の国花。

ハス(蓮、学名:Nelumbo nucifera)は、インド原産のハス科多年性水生植物。 名称など 古名「はちす」は、花托の形状を蜂の巣に見立てたとするのを通説とする。「はす」はその転訛。 水芙蓉(すいふよう、みずふよう)、もしくは単に芙蓉(ふよう)、不語仙(ふごせん)、池見草(いけみぐさ)、水の花などの異称をもつ。 漢字では「蓮」のほかに「荷」または「藕」の字をあてる。 ハスの花と睡蓮を指して「蓮華」(れんげ)といい、仏教とともに伝来し古くから使われた名である。 また地下茎は「蓮根」(れんこん、はすね)といい、野菜名として通用する。 属名 Nelumbo はシンハラ語から。種小名 nucifera はラテン語の形容詞で「ナッツの実のなる」の意。 英名 lotus はギリシア語由来で、元はエジプトに自生するスイレンの一種「ヨザキスイレン」 Nymphaea lotus を指したものという。 7月の誕生花であり、夏の季語。 花言葉は「雄弁」。 原産地はインド亜大陸とその周辺。地中の地下茎から茎を伸ばし水面に葉を出す。



その他の植物

フウロソウ(風露草)

フウロソウ科フウロソウ属

スイートアリッサム

アブラナ科ロブラリア(ニワナズナ)属

ネモフィラ

ハゼリソウ科ネモフィラ属

〔赤色〕ヒナギク(雛菊)

キク科ヒナギク属

マンネングサ(万年草)

ベンケイソウ科キリンソウ属

スプレーカーネーション

ナデシコ科ナデシコ属

アストランティア

セリ科アストランティア属

ナツツバキ(夏椿)

ツバキ科ナツツバキ属