1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ヘビイチゴ(蛇苺)

ヘビイチゴ(蛇苺)
≪学名:Potentilla hebiichigo≫

原産地、東南アジア、日本のバラ科キジムシロ属ヘビイチゴ(蛇苺)は、学名Potentilla hebiichigoです。英語ではFalse strawberryと表記し別名、ドクイチゴ(毒苺)と呼ばれています。開花時期は4月~6月。花色は黄色夏の季節に開花します。

ヘビイチゴ(蛇苺)の花言葉は?

可憐
小悪魔のような魅力

誕生日花




詳細

学名
Potentilla hebiichigo
英語
False strawberry
科属名
バラ科キジムシロ属
和名
蛇苺
別名
ドクイチゴ(毒苺)
原産地
東南アジア、日本
季節
夏の季節
開花時期:4月~6月。花色:黄色

ヘビイチゴ(蛇苺、学名:Potentilla hebiichigo)は、バラ科キジムシロ属の多年草。語源については実が食用にならずヘビが食べるイチゴ、ヘビがいそうな所に生育する、イチゴを食べに来る小動物をヘビが狙うことからなど諸説がある。毒があるという俗説があり、ドクイチゴとも呼ばれるが、無毒。以前はヘビイチゴ属に分類されDuchesnea chrysanthaと呼ばれていた。 畦道や野原などの湿った草地に自生し、アジア南東部と日本全土に広く分布する。 茎は短く、葉を根出状につけるが、よく匍匐茎を出して地面を這って伸びる。葉は三出複葉、楕円形の小葉には細かい鋸歯があって深緑。 初夏より葉のわきから顔を出すように黄色い花を付ける。花は直径1.5cmほどで、花弁の数は5つと決まっている。花期は4月から6月。 花のあとに花床が膨らんで光沢のない薄紅色の花床となる。果実の表面には多数の痩果が付き、赤色で球形、イチゴに多少似たものがなる。毒は含まれないので食用可能だが、あまり味が無いため食用(特に生食)には好まれない。



その他の植物

アヤメ(菖蒲・文目・綾目)

アヤメ科アヤメ属

イヌノフグリ(犬の陰嚢)

オオバコ科クワガタソウ属

ヤグルマギク(矢車菊)

キク科ヤグルマギク属

ガマズミ(莢蒾)

スイカズラ科ガマズミ属

ポーポー

バンレイシ科ポポー属

チャービル

セリ科シャク属

ノイバラ(野茨)

バラ科バラ属

クワイ(慈姑)

オモダカ科オモダカ属