1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. グロキシニア

グロキシニア
≪学名:Sinningia speciosa≫

原産地、ブラジルのイワタバコ科シンニンギア属グロキシニアは、学名Sinningia speciosaです。英語ではGloxiniaと表記します。夏の季節に開花します。

グロキシニアの花言葉は?

華やかな日々
媚態
欲望

誕生日花




詳細

学名
Sinningia speciosa
英語
Gloxinia
科属名
イワタバコ科シンニンギア属
和名
オオイワギリソウ(大岩桐草)
別名
-
原産地
ブラジル
季節
夏の季節

名称 グロキシニア
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida
目 ゴマノハグサ目 :w:Scrophulariales Scrophulariales
科 イワタバコ科 :w:Gesneriaceae Gesneriaceae
属 オオイワギリソウ属 ”:w:Sinningia Sinningia”
種 オオイワギリソウ ”S. speciosa”
学名 ”Sinningia speciosa”
和名 オオイワギリソウ(大岩桐草)グロキシニア
英名
グロキシニア(Gloxinia、学名:”Sinningia speciosa”)は、イワタバコ科の常緑または宿根多年草。和名はオオイワギリソウ(大岩桐草)。鉢植えなど園芸植物として、温室栽培される。
原産はブラジル。熱帯雨林の下草として自生していた植物を改良した種である。不定形の塊茎をもち、草丈は20cmくらい、根生葉(ロゼット)はへら形または倒卵形で大きく、茎に対生する葉は長楕円形で、天鵞絨のような柔らかい毛が密生している。花は適温が維持できればいつも咲くが、普通は6月から9月頃まで咲き、花径5~7cmくらいの漏斗形で、花色には、柄に・藍色・紫・ピンクなどがあり、のどの部分が白いもの、中心に5~8曜(先が丸い星形)のマークや、深い縁取りのあるものもある。最近は八重咲きの品種も多い。



その他の植物

ミムラス

ゴマノハグサ科ミゾホオズキ属

メギ(目木)

メギ科メギ属

ユズリハ(楪・譲葉・交譲木)

ユズリハ科ユズリハ属

ヒガンバナ(彼岸花)

ヒガンバナ科ヒガンバナ属

ハンノキ(榛の木)

カバノキ科ハンノキ属

〔白色〕チューリップ

ユリ科チューリップ属

ネコヤナギ(猫柳)

ヤナギ科ヤナギ属

ウスベニタチアオイ(薄紅立葵)

アオイ科タチアオイ属