1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. アマドコロ(甘野老)

アマドコロ(甘野老)
≪学名:Polygonatum odoratum≫

原産地、日本、朝鮮半島、中国のクサスギカズラ科アマドコロ属アマドコロ(甘野老)は、学名Polygonatum odoratumです。英語ではSolomon's Sealと表記し別名、ナルコラン(鳴子蘭)、イズイ(萎蕤と呼ばれています。開花時期は4月~6月。花色は白色。夏の季節に開花します。

アマドコロ(甘野老)の花言葉は?

元気を出して
心の痛みの分かる人
小さな思い出

誕生日花




詳細

学名
Polygonatum odoratum
英語
Solomon's Seal
科属名
クサスギカズラ科アマドコロ属
和名
甘野老
別名
ナルコラン(鳴子蘭)、イズイ(萎蕤
原産地
日本、朝鮮半島、中国
季節
夏の季節
開花時期:4月~6月。花色:白色。

アマドコロ(甘野老、学名: Polygonatum odoratum)は、キジカクシ科アマドコロ属の多年草。狭義にはその一変種 P. o. var. pluriflorum。 形態・生態 同属のナルコユリ (Polygonatum falcatum) とよく似ている。 茎には6本の稜があり、触ると少し角張った感じがする(ナルコユリの茎は丸い)。 葉は普通の緑のものと斑入りのものがある。 花期は春。花は鐘形で色は白く、先の方は緑がかっている。花と花柄のつなぎ目は、突起状にならない(ナルコユリは緑色の突起状になる)。 分布 ヨーロッパ・東アジアに分布する。山地などに自生するが、栽培されることも多い。 人間との関わり 茎や根茎には甘みがあり、山菜として食用にされる。根茎は特に晩秋が旬とされ、天ぷらにすると美味とされる。 根茎を乾燥させたものは玉竹(ぎょくちく)または萎蕤(いずい)という生薬であり、滋養強壮に効果があるとされる。



その他の植物

ウメモドキ(梅擬)

モチノキ科モチノキ属

ラミウム

シソ科オドリコソウ属

ポリガラ

ヒメハギ科ヒメハギ属

ムベ(郁子、野木瓜)

アケビ科ムベ属

ルピナス

マメ科ルピナス属

サワギキョウ(沢桔梗)

キキョウ科ミゾカクシ属

カブ(蕪)/スズナ(鈴菜・菘)

アブラナ科アブラナ属