1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. トウガラシ(唐辛子、唐芥子、蕃椒)

トウガラシ(唐辛子、唐芥子、蕃椒)
≪学名:Capsicum annuum≫

原産地、メキシコのナス科トウガラシ属トウガラシ(唐辛子、唐芥子、蕃椒)は、学名Capsicum annuumです。英語ではchili pepperと表記します。開花時期は7月~9月。花色は白色。秋の季節に開花します。

トウガラシ(唐辛子、唐芥子、蕃椒)の花言葉は?

旧友
雅味
嫉妬

誕生日花




詳細

学名
Capsicum annuum
英語
chili pepper
科属名
ナス科トウガラシ属
和名
唐辛子、唐芥子、蕃椒
別名
-
原産地
メキシコ
季節
秋の季節
開花時期:7月~9月。花色:白色。

『唐辛子』より : トウガラシ(唐辛子、蕃椒、学名:Capsicum annuum)は、ナス科トウガラシ属の多年草または低木(日本など温帯では一年草)。また、その果実のこと。メキシコ原産(アンデス地方という説もある)。果実は香辛料または野菜として食用にされる。 「トウガラシ」は「唐」から伝わった「辛子」の意味である。ただし、「唐」はばくぜんと「外国」を指す言葉で、中国経由というわけではない。詳細な伝来史、香辛料としての異名については唐辛子を参照。 広義にはトウガラシ属をトウガラシと総称することがあるが、ここでは主に C. annuum 1種について述べる。 草丈は40 - 60cm。茎は多数に枝分かれする。葉は互生。柄が長く卵状披針形。7 - 9月ごろ白い花を付ける。花の後に上向きに緑色で内部に空洞のある細長い5cmほどの実がなる。果実は熟すると赤くなる。品種によっては丸みを帯びたものや短いもの、色づくと黄色や紫色になるものもある。 辛味成分カプサイシンは種子の付く胎座に最も多く含まれる。トウガラシは胎座でカプサイシンを作り出している。トウガラシの種子にはカプサイシンがほとんど含まれていないため、種子だけを食べるとまったく辛味を感じない。



その他の植物

トベラ(扉・海桐)

トベラ科トベラ属

ハクチョウゲ(白丁花)

アカネ科ハクチョウゲ属

イロハモミジ

カエデ科カエデ属

メギ(目木)

メギ科メギ属

ハナトラノオ(花虎の尾)

シソ科ハナトラノオ属

クラスペディア

キク目キク科クラスペディア属

ウツボグサ(靫草)

シソ科ウツボグサ属