1. トップ
  2. 花言葉
  3. 秋の季節
  4. マツタケ(松茸)

マツタケ(松茸)
≪学名:Tricholoma matsutake(S.Ito et Imai) Sing.≫

原産地、日本のキシメジ科キシメジ属マツタケ(松茸)は、学名Tricholoma matsutake(S.Ito et Imai) Sing.です。英語ではMatsutake mushroomと表記します。秋の季節に開花します。

マツタケ(松茸)の花言葉は?

控えめ

誕生日花




詳細

学名
Tricholoma matsutake(S.Ito et Imai) Sing.
英語
Matsutake mushroom
科属名
キシメジ科キシメジ属
和名
松茸
別名
-
原産地
日本
季節
秋の季節

マツタケ(松茸、Tricholoma matsutake(S.Ito et Imai) Sing.)はキシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。養分の少ない比較的乾燥した場所を好む。秋にアカマツの単相林のほか針葉樹が優占種となっている混合林の地上に生える。菌糸体の生育温度範囲は5-30℃、最適温度は22-25℃、最適pHは4.5-5.5であり、菌糸の成長速度は遅い。 その子実体はマツタケオールによる独特の強い香りを持ち、日本においては食用キノコの最高級品に位置付けられている。発生時期には地域差があり、高緯度の冷涼な地域での発生は、8月末頃から始まり九州などの比較的温暖な地域では、11月末頃まで発生する。梅雨頃に生える季節外れのマツタケはサマツ(早松)とも呼ばれ共に食用にされる。なお、マツタケの仲間にはよく似たキノコが多数確認されており、採集、分類、購入の際には十分注意を要する。 生態 アカマツの樹齢が20年から30年になるとマツタケの発生が始まり30年から40年が最も活発で、70年から80年で衰退する。



その他の植物

ミヤコワスレ(都忘れ)

キク科ミヤマヨメナ属

〔ピンク色〕カスミソウ(霞草)

ナデシコ科カスミソウ属

ブロワリア

ナス科ブロワリア属

ナスタチウム

ノウゼンハレン科ノウゼンハレン属

ハマナス(浜梨)

バラ科バラ属

スミレ(菫)

スミレ科スミレ属

ワレモコウ (吾亦紅)

バラ科ワレモコウ属

ゴマ(胡麻)

ゴマ科ゴマ属