1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. シコンノボタン(紫紺野牡丹)

シコンノボタン(紫紺野牡丹)
≪学名:Tibouchina urvilleana≫

原産地、中南米のノボタン科ティボウキナ属シコンノボタン(紫紺野牡丹)は、学名Tibouchina urvilleanaです。英語ではBrazilian glory bushと表記し別名、スパイダーフラワーと呼ばれています。開花時期は7月~11月。花色は紫色。夏の季節に開花します。

シコンノボタン(紫紺野牡丹)の花言葉は?

自然
平静
謙虚な輝き
ひたむきな愛情

誕生日花




詳細

学名
Tibouchina urvilleana
英語
Brazilian glory bush
科属名
ノボタン科ティボウキナ属
和名
紫紺野牡丹
別名
スパイダーフラワー
原産地
中南米
季節
夏の季節
開花時期:7月~11月。花色:紫色。

シコンノボタン(紫紺野牡丹、学名:Tibouchina urvilleana)は、ノボタン科ティボウキナ属(和名シコンノボタン属)の常緑低木。別名スパイダーフラワー 中南米原産の常緑低木。庭木、鉢植えとして親しまれる。 葉は対生で楕円。産毛で覆われ、ビロードのような手触りがする。本来は常緑だが日本では冬に落葉することが多い。花は五弁で、紫色の大輪花。オシベが長く飛び出しているのが特徴。一日花だが、花つきがよく、毎日多くの花を次々と咲かせる。花期は夏と秋だが、温度さえあれば冬でもわずかながら咲きつづける。南国原産にしては耐寒性がある。 流通上はノボタンとシコンノボタンが混同されているが、ノボタンは短いオシベが黄色で長いオシベは紫色、シコンノボタンは長短のオシベが共に紫色である。 必ず日当たりに植える。3メートルぐらいにまで大きくなるが、強風で枝が折れたり、姿が乱れるので、必ず支柱をたてる。風には弱い。剪定時期は4、5月。小さく仕立てて鉢植えにすることも可能。その場合冬は室内に取り込む。挿し芽で簡単に増やせる。



その他の植物

カタクリ(片栗)

ユリ科カタクリ属

ハナダイコン(花大根)

アブラナ科ハナダイコン属

ウメモドキ(梅擬)

モチノキ科モチノキ属

アスター

キク科エゾギク属

リンドウ (竜胆)

リンドウ科リンドウ属

イソギク(磯菊)

キク科キク属

サフラン

アヤメ科クロッカス属