1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. ギンバイカ(銀梅花・銀盃花)

ギンバイカ(銀梅花・銀盃花)
≪学名:Myrtus communis≫

原産地、地中海沿岸からヨーロッパ南西部のフトモモ科ギンバイカ属ギンバイカ(銀梅花・銀盃花)は、学名Myrtus communisです。英語ではcommon myrtleと表記し別名、マートル、ミルタス、祝いの木、ミルトスと呼ばれています。花色は白色。開花時期は6月~7月。春の季節に開花します。

ギンバイカ(銀梅花・銀盃花)の花言葉は?

愛のささやき

誕生日花


詳細

学名
Myrtus communis
英語
common myrtle
科属名
フトモモ科ギンバイカ属
和名
銀梅花、銀盃花
別名
マートル、ミルタス、祝いの木、ミルトス
原産地
地中海沿岸からヨーロッパ南西部
季節
春の季節
花色:白色。開花時期:6月~7月。

ギンバイカ(銀梅花、銀盃花、学名:Myrtus communis)は、フトモモ科の単型の属ギンバイカ属の常緑低木。地中海沿岸原産。英語でマートル(Myrtle)。ドイツ語ではミルテ(Myrte)。属名からミルトス(Myrtus)とも呼ぶ。花が結婚式などの飾りによく使われるので「祝いの木」ともいう。 別名:ギンコウバイ、ギンコウボク、イワイノキ。 夏に白い5弁の花をつけ、雄蕊が多く目立つ。果実は液果で、晩秋に黒紫色に熟し食べられる。 葉は揉むとユーカリに似た強い芳香を放つことから、「マートル」という名でハーブとしても流通している事もある。 主に流通している品種は、葉に白い覆輪がある斑入り品種のバリエガタ、枝葉の細かいヒメギンバイカ(姫銀梅花)など。 利用 サルデーニャとコルシカ島では、果実や葉を用いてミルト(Mirto)というリキュールを作る。 文化 古代ギリシアでは豊穣の女神デーメーテールと愛と美と性の女神アプロディーテーに捧げる花とされた。



その他の植物

スカビオサ

マツムシソウ科スカビオサ属

キンモクセイ(金木犀)

モクセイ科モクセイ属

シシウド(猪独活)

セリ科シシウド属

〔白色〕ダリア

キク科ダリア属

〔赤色〕ダリア

キク科ダリア属

オンシジューム

ラン科オンシジューム属

〔黄色〕スイセン(水仙)

ヒガンバナ科スイセン属(ナルシサス属)