1. トップ
  2. 花言葉
  3. 春の季節
  4. ハハコグサ(母子草)/ゴギョウ(御形)

ハハコグサ(母子草)/ゴギョウ(御形)
≪学名:Gnaphalium affine≫

原産地、日本のキク科ハハコグサ属ハハコグサ(母子草)/ゴギョウ(御形)は、学名Gnaphalium affineです。英語ではJersey Cudweedと表記し別名、オギョウと呼ばれています。春の七草。開花時期は4月~6月。花色は黄色。春の季節に開花します。

ハハコグサ(母子草)/ゴギョウ(御形)の花言葉は?

いつも思う
温かい気持ち

誕生日花




詳細

学名
Gnaphalium affine
英語
Jersey Cudweed
科属名
キク科ハハコグサ属
和名
母子草
別名
オギョウ
原産地
日本
季節
春の季節
春の七草。開花時期:4月~6月。花色:黄色。

その他の植物

ゴボウ(牛蒡・牛旁)

キク科ゴボウ属

サルビア・スプレンデンス

シソ科アキギリ属

ユウゼンギク (友禅菊)

キク科シオン属

ヒモゲイトウ (紐鶏頭)

ヒユ科アマランサス属(ヒユ属)

〔紫色〕スミレ(菫)

スミレ科スミレ属

サクララン(桜蘭)

カガイモ科サクララン属 ( ホヤ属 )

〔黄色〕スイセン(水仙)

ヒガンバナ科スイセン属(ナルシサス属)

ヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪ノ下)

ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属