1. トップ
  2. 花言葉
  3. 夏の季節
  4. ペチュニア

ペチュニア
≪学名:Petunia≫

原産地、ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジルなど南アメリカのナス科ペチュニア属ペチュニアは、学名Petuniaです。英語ではPetuniaと表記し別名、ペツニアと呼ばれています。開花時期は4月~10月。花色は赤色、紫色、ピンク色、白色、オレンジ色、黄色、青色、黒色、複色。夏の季節に開花します。

ペチュニアの花言葉は?

あなたと一緒なら心がやわらぐ
心のやすらぎ

誕生日花




詳細

学名
Petunia
英語
Petunia
科属名
ナス科ペチュニア属
和名
衝羽根朝顔(ツクバネアサガオ)
別名
ペツニア
原産地
ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジルなど南アメリカ
季節
夏の季節
開花時期:4月~10月。花色:赤色、紫色、ピンク色、白色、オレンジ色、黄色、青色、黒色、複色。

ペチュニア(Petunia)とは南米原産のナス科ペチュニア属に属する草本の総称。また、同属の種のひとつ、学名Petunia x hybrida(和名:ツクバネアサガオ、衝羽根朝顔)のこと。園芸植物として花が観賞される。 属名のPetuniaは、ブラジル先住民の言語で「たばこ」の意味。ペチュニア属が同じナス科のタバコ属(Nicotiana)と近縁であることによる。種小名のhybridaは「雑種・交配種」の意味。命名者はアントワーヌ・ローラン・ド・ジュシューである。 本記事では、特に断らない限りPetunia x hybridaを説明する。 原産地は南アメリカである。1767年にフランスのコンメルソンがウルグアイで本種の白花を発見したのがヨーロッパに伝わったはじめである。その後、1831年にはブラジルから赤紫の花がヨーロッパにもたらされた。両者は交配され、それが現在のペチュニアの元となった「ペチュニア・ヴィオラセラ」である。 その後、一層に品種改良が加えられ、花の大きさは大輪、中輪、小輪、花の色は赤、赤紫、紫、青紫、白、白黄、白青、桃など多彩で、禹長春によって八重咲きのものが作出されるなど、花容がバラエティに富むものになった。



その他の植物

ガマズミ(莢蒾)

スイカズラ科ガマズミ属

ポインセチア

トウダイグサ科トウダイグサ属

キョウチクトウ(夾竹桃)

キョウチクトウ科キョウチクトウ属

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ科ノウゼンカズラ属

トウダイグサ(灯台草)

トウダイグサ科トウダイグサ属

ミニパイン

パイナップル科アナナス属

〔赤色〕カーネーション

ナデシコ科ナデシコ属

サザンカ(山茶花)

ツバキ科ツバキ属